京太郎「淡……」

淡「ん……んちゅ……なに? キョータロー」

京太郎「今日がハロウィンで、俺はお菓子を用意しそびれたからイタズラされる。それはいいとして、なぜ俺の【リーチ棒】を舐められる訳になるのか」

淡「なによー。こんな可愛い可愛い高校100年生の淡ちゃんに【リーチ棒】舐めてもらっておいてうれしくないの?」

京太郎「いや、別にそういうわけじゃ……っ!!」

淡「もー、キョータローのくせに生意気よ。ん……あむ……」

京太郎「あ、淡……そこ……気持ちよすぎ……!!」

淡「ん……キョータローの……ビクビクしてきた……」

京太郎「淡……!!」

淡「んふ……いいよ、キョータローの……熱いのいっぱい【放銃】して……」

京太郎「あ、淡っ!」

ガシッ

淡「ん! んぶっ!」

【ロンっ!】

淡「ん……ん……」

京太郎「はぁ……はぁ……あ……淡……すまない……」

淡「ん……キョータローの……いっぱい……んちゅ……」コクッコクッ

京太郎「っ!」

淡「キョータローの……熱くて濃くて……」

京太郎「淡……」

淡「えへ……キョータローの【リーチ棒】……またガチガチに【テンパイ】してるね」

京太郎「……」

淡「次はこっち……淡ちゃんの【白板】でキョータローの【リーチ棒】にイタズラしちゃうよ」

京太郎「お……おい……」

淡「キョータローの……おっきくて……んっ!」

京太郎「くっ……!」

淡「キョータローの……淡ちゃんの【中】でもっと大きくなって……る……あんっ!」

京太郎「淡……淡…!」

淡「んっ……キョータロー……激し……い……!」

京太郎「淡の【中】……熱くて……絡みついて……」

淡「あ……あんっ……き、キョータロー……キョータロぉ!」

京太郎「くっ……淡……俺……俺……!」

淡「き、キョータローの……ちょーだい! 淡ちゃんの【中】にいっぱい【放銃】して!」

京太郎「淡……淡……淡-!!」

【ロンっ!】

淡「き……キョータロー!!」

………………………

淡「ん……んちゅ……」

京太郎「なぁ……淡……」

淡「ん……なに?」

京太郎「今更だけど、なんで清澄の制服なんだ?」

淡「……なんでだっけ?」

京太郎「……やれやれ」

姦っ!ではなくカンっ!

<おまけ>

桃子(……み、見ちゃったっす……)

桃子(白糸台の大将さんと男の人が……)

桃子「……ん」

桃子(あんな凄いの見ちゃったら……)

桃子「はぁ……はぁ……」

桃子(わ……私の【中】にも……)

桃子「はぁ……はぁ……んっ……!」

桃子(欲しい……)

京太郎「……東横……さん……?」

桃子「はぁ……はぁ……へっ!?」

桃子(み……見られちゃったっす……)

淡「キョータロー、どーしたの?」

京太郎「い、いや……」

桃子「……っす……」

京太郎・淡「へ?」

桃子「わ、私の【中】にも【放銃】してくださいっす!」

京太郎「お、おい……」

淡「えー、ずるーい! 淡ちゃんも-!」

京太郎「ちょっ……」ドサッ

姦っ!ではなくカンっ!