優希「いやぁ、めでたいじぇ!!」

和「咲さんもこれでめでたく20歳ですね」

咲「えへへ、ありがとう二人とも」

京太郎「これまで色々苦労もあったが……この子がここまで元気に育って、父さん嬉しいぞ!なぁ母さん!」和の方を見ながら

和「ふふっ、そうですねお父さん」クスクス

優希「うぉい!そこは私の位置のはずだじぇ!!」ムッキー!

京太郎「黙れぃ!高校時代さんざっぱら迷惑かけまくったお前が、保護者面許されると思ってんのかよ!?」

咲「いやいやいや!それ以前に私が娘役なの納得いかないよ!……そりゃ迷惑かけた自覚がないわけじゃないけど……」ブツブツ

和「まぁまぁ盛り上げるための冗談なんですから、そこまで熱くならずに。それに、当の須賀君はまだ19歳ですし」

優希「あっ、そうだじぇ!私たちの中でも一番ガキだ!」ニャハッ

咲「お酒も飲めないね!残念だったね、お・と・う・さ・ん!」ハハッ

京太郎「ぬぐぐ、俺が密かに気にしていることを……まぁいいさ、ともかく今日の主役は咲だしな。そろそろ普通に祝うとすっか!」

優希「咲ちゃん、乾杯の音頭頼むじぇ!」

和「コップどうぞ、とりあえずカシスオレンジを入れておきました」スッ

咲「あっ、うん……それじゃ!私の誕生日祝いに来てくれてありがとう!乾杯!」

カンパーイッ! キンッ





~数時間後~

優希「むにゃ……もうくえないじぇ~……Zzzzz」

和「ん……ふぅ……」スヤスヤ

咲「二人、寝るの早いなぁ……」

京太郎「まっ、考えたら咲の誕生日祝ったりするのって和や優希初めてだしな。酒飲んでるのにハメ外してはしゃぎ過ぎたんだろうさ」

咲「そっか……京ちゃんお酒飲めないしね」フフッ

京太郎「うっせ、掘り返すなっての」フフッ

咲「……ねぇ」

京太郎「ん?」

咲「和ちゃんや優希ちゃんからは話の流れでプレゼントもらったけど、京ちゃんまだくれてないよね?」

京太郎「まぁ、な」

咲「……今年は、くれないの?」

京太郎「んー、そうだなぁ……今年は趣向を変えたっていうかな」

咲「?」

京太郎「……二人寝てるし、大丈夫かな。今年の俺からの咲へのプレゼントは……何か願い事聞いてやるって事にする」

咲「えっ……なんでも?」

京太郎「俺の出来る範囲ならな?」

咲「そっか……じゃあ……」

京太郎「おう、言ってみ言ってみ」

                  _........----......._
              ,. : ´: : : : : : : : : : : : :`: : 、
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、
              :': : :,: : : : : : : : : : : : :、: : : : : : : : ヽ
            /: : :/: : : :/: : : : : : : : : |: |: : : : : : : ∧
             .': : : ' : : : / : /: :,: : イ: : :|: }: : |: : :|: : :∧
            , : : : |: : : / : /l: /: / }: : ,:.イ : /: }: :}: :!: : :.
             | : : : |: : /:{:_/_}ム/ / : /、_|:_/: /: /: :|: : : :.
             {: / : | : ィ´}//イ /}: / / }/`ヽ:イ: : ': : : : :
          〉,: :, {: : | ,ィ斧汽 /´ ィ斧汽、} : /:|\: : |
          {八:{ \:{とヒこソ       ヒこソっ: イ: :|  \}
          |   乂ム     :.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:  ムイl: /  「……キス、してほしい」
             从{∧     _   _     人:∧{
              |/ >:../^} /⌒l、` .イ }:./ リ
                ___/-'-'-- 、/〉「-、/ '
          ,.. <:::::::::::::::{======ミ`ヽ|〉::`::::...._
         /⌒\\:::::::/`ヽ:::::::::::∨, {::::::::::::::::::>-、
          {==、 {:\/   〈7 ー、{ ̄|:::::::::::://,ィ^.
            ,   \Ⅵ       /   | ,::::::::/イ:.:./  ∧
         {      `|  、      |_/= ´イ:.:.:,イ  /  }
         |     Ⅳ    \      | ̄´:.:.:.:/= }イ   |
京太郎「----えっ、そんな事でいいのか?」

咲「だ、だって!……これでも付き合ってそれなりに経つのに、京ちゃんから私にキスしてくれたことないんだもん……」ムスッ

京太郎「えっ、そう……だったか?」

咲「そうだよ、それなのに今回のパーティーの始まりでも和ちゃんを母さんって言って夫婦みたいな……良い空気出したり……」

京太郎「さ、咲……」

咲「不安、なんだよ……最近ますます、京ちゃんカッコよくなったし……だ、だから……」モジモジ

京太郎「……わりぃな、俺結構無神経だった」ギュッ

咲「……京ちゃんは、その気になればどんな人とも……でも私には、京ちゃんしかいないんだよ……」キュッ

京太郎「へへっ、そうやって評価してくれるのは嬉しいけどさ。けど、俺からしても咲しかいないって思ってんだぜ」ニッ

咲「本当?」

京太郎「おう、お前みたいなポンコツ嫁。他に出せるかって」

咲「……まだ、嫁さんちが……ん……」

チュッ チュルッ チュクッ

優希「(作戦成功セリ……けど、女としては当の昔に大敗を喫してるじぇ)」ヌググ…

和「(二人の幸せが私の幸せ……絶対に結ばれてくださいね?)」

カンッ!!