優希「のどちゃーん、今年のクリスマスはのどちゃん家でいいのか?」

和「あっ、すみませんゆーき。今年は先約があって」チラッ

咲「京ちゃーん、今年のクリスマスはどうする? ケンタでバケット買う?」

京太郎「あー、悪い咲。別んとこ呼ばれててさ」チラッ

咲「えー?」

京太郎「お前は照さんに連絡してみればいいんじゃないか。せっかく仲直りしたんだし」

咲「まあそうなんだけど……」

~12月24日N県A町~

和「ふぅ、着きました。玄さーん、来ましたよ」

玄「いらっしゃい和ちゃん! えへへ、京太郎君は一足先に温泉だよっ」

和「そうですか。結局何人集まったんです?」

玄「えっと。私とおねーちゃん、和ちゃんに福路さんと東横さん、真屋さんに愛宕の絹ちゃん、あとあと永水の神代さんと石戸さん!
  だから京太郎君入れて10人かな?」

和「それはまた、ずいぶん集まりましたね……」

霞「お二人とも、宥さんと福路さんはもう始めてるけれど……急がないと間に合わないわよ?」

和「はぁ。まあ、須賀君なら大丈夫でしょう。玄さん、準備はできてますか?」

玄「バッチリだよ! さ、上がって上がって」


 翌日、腰を抑えながら露天風呂掃除に勤しむ金髪少年がいたとかなんとか――――

カンッ