ザァザァと物凄い音を立てて降りしきる雨。

水溜りなんて可愛いレベルじゃないほどに水浸しになっている校庭では流石に部活動も出来ないみたいで、いつもより多くの生徒が校門から出ていっています。

これくらい降っていると季節問わず気温は低いため、少しだけ肌寒く感じてしまいます。


京太郎「……和、寒いのか?」

和「あ……はい。少しだけ」


そんなことを考えていたせいか、思わず身震いしてしまった私を見兼ねて京太郎君が心配してくれます。

その言葉だけでなんだか心が温かくなった私はきっと単純なのでしょう。

でも、こうして好きな人が私を気にかけてくれているということが幸せでたまりません。


京太郎「俺にはこれくらいしか出来ないけど……」ギュッ


そう言ってそっと後ろから両手を回す京太郎君。

大きくて、堅くて、それでいて温かいその手はゆっくりと私のお腹を撫でます。

彼に包まれて、より感じられる京太郎君の匂い。

それだけできゅうっと胸が締め付けられ、もっと彼を感じたい、近づきたいという感情が心の奥から沸き上がります。


和「もう少し強くしてもいいですよ……?」

京太郎「ん」

私がそうしてほしいと願っているにも関わらず、照れて許可を与えるかのように言ってしまうのは私の悪い癖。

けれど京太郎君はそれに触れることなくぎゅっと腕の力を強めてくれました。


和「……暖かいです」

京太郎「そりゃよかった」


彼に包まれて、彼を感じて、それでいて寒いわけがありません。

こういう状況を作ってくれた雨には感謝しないと行けませんね。


和「京太郎君は寒くないんですか?」


ふとそんなことが気になって、京太郎君の手に自らの手を重ねながら質問します。

私はこうして暖めて貰ったわけですから、もし京太郎君が寒いのなら次は私が暖める番ですからね。


京太郎「俺は大丈夫。和が湯たんぽ代わりになってくれてるからな」


私の重ねた手に呼応するように京太郎君も手を動かしてゆっくりと絡まりあう手。

恋人繋ぎとなったその手は京太郎君から更に直接熱を私に伝えてくれます。


和「京太郎君、好きですよ」

京太郎「あぁ。俺も好きだよ、和」



優希「もう我慢ならないじぇぇぇーーー!」


刹那、優希が叫びました。


優希「二人ともイチャイチャしすぎだじょ!少しは私たちもいるってことを考えろよ!?」

咲「そうだよ!というか大体何で和ちゃんが京ちゃんの上に座ってるのかな!?そういうのは学校じゃよくないと思います!」


優希に反応するように咲さんまでもが立ち上がります。

えっと……何でと言われましても……。


京太郎「いや、だって俺と和は付き合ってるし。今二人とも卓についてないから暇だし」

久「だからってイチャつくのはどうかしらねぇ……」イライラ

まこ「おんしらがあまりにも世界を作るもんでワシらも集中出来んのじゃが……」イライラ

京太郎「って皆言ってるんだけど……」

和「私は京太郎君と離れたくありません……」ギュッ

優希「ア゛ア゛ア゛ア゛ァ゛ァ゛ァ゛ーーーーー!!!!!」

咲「うん分かった。とりあえず二人とも麻雀しよっか?ほら、ハヤクタクニツイテ?」


こんな清澄の日常

カンッ