竜華「京太郎ー!ぎゅっとして?」

京太郎「いいですよ。ほら、俺の膝の上に乗って下さい」

竜華「ん~~♪ふぁあ...たまらんわぁ...」

京太郎「好きな人と好きなときにこうするのが一番の幸せですね」

竜華「うん。京太郎、大好きやで。ウチとずっと一緒にいてくれる?」

京太郎「はい。竜華さんが俺に飽きるまでずっと一緒にいますよ」

竜華「もう、そんないけずなこといわんといてな。京太郎は悪い子や」

京太郎「良い子のふりするのも疲れるんですけどね。悪い俺は嫌いですか?」

竜華「ううん。今のウチは京太郎のことが一番大事。だから悪くても許すで♪」

京太郎「じゃあ今日は物凄く悪い男になろうかな?」

竜華「きゃっ?やんっ?!」

京太郎「竜華の大きな胸も、すべすべの太腿も、潤んだ唇も」

京太郎「全部俺がキズモノにして、ドロドロに穢してやる...」

竜華「う、あ...っ...くぅんっ!」

怜「りゅ、りゅーか...」

京太郎「どうですか。園城寺先輩。自分の親友を取られた気分は?」

京太郎「元はといえば先輩の浮気が全ての元凶ですけど」

京太郎「でも、男と女が結ばれるのは普通ですよね?」

京太郎「まさか親友の恋の成就を祝わないなんてことはないですよね?」

怜「お願いやから、ウチの竜華を、返して下さい」

怜「なんでもしますから...お願いです」

京太郎「だそうですよ。竜華さん。どうしますか?」

竜華「じゃあとっととここからいなくなって?」

怜「ごめんな、ごめんな...りゅーか」

京太郎「悲しいですね。先輩」

竜華「でもな、怜。安心して?京太郎は優しいから」

怜「?!」

竜華「あんっ!エッチは駄目やって!怜が見てるのに」

京太郎「そう言いながらも犯されたいんだろ?元恋人の目の前で」

京太郎「とことん恐ろしい女だよ。スキモノにも程がある」

怜「りゅっ、りゅう、か?」

竜華「ごめんな怜。必死に抗ったけど京太郎に手込めにされてもうた」

竜華「でも、本心やないで?別に怜に申し訳ないと思ってないし」

怜「うわあああああああああああ!!!!」

京太郎「ははは。そうそう。俺はその顔が見たかったんだよ」

京太郎「幼なじみだからってだけで竜華を独占するお前が許せなかった!」

京太郎「ずっとお前が目障りで邪魔だった!初めて会ったときからなぁ!」

怜「返せ!ウチの竜華を、返せえええええええええええ」

竜華「い、イヤやっ。怜なんかの所になんか戻りとうないわ」

京太郎「でも、それも今日で終わりだ」

京太郎「竜華はもう妊娠してる。まだ三週間だけどな」

京太郎「俺が結婚するまでまだ二年間待たなきゃいけないけどね」

竜華「無責任な男やけどウチの愛する旦那様や。どや?羨ましいやろ?」

怜「はっ、いや...いやいや、冗談キツイで、自分ら」

怜「まだ学生やろ?自分も竜華も...なに考えて?」

竜華「んぁっ!はぁ、はぁ...ええ?まだ気が付かないんか怜?」

竜華「京太郎を逃がさない為に決まってるやん」

竜華「しつこい女はイヤなんやろ?過保護すぎて気持ち悪いんやろ?」

怜「それは...」

竜華「京太郎はイヤな顔せずに全部受け入れてくれたんや」

竜華「それどころか怜以上にウチを求めてくれた」

竜華「怜がウチを放って他の女と浮気している間もずーっとな」

竜華「もう恩知らずの怜なんか知らんわ。いや、いらんわ」

京太郎「だそうですよ、園城寺先輩。それでもまだ諦められませんか?」

怜「諦められるわけないやろ!だって、だって竜華は...ウチの」

竜華「とっとと去ねや。ウチの全部は京太郎にあげたんや」

竜華「怜は浮気相手とラブホでいちゃついてればええやろ」

怜「あああああ!!!ふざけんなやお前ら!警察に通報したる」

怜「ただで済むと思うな!!全部ぶっ壊してやる!」

京太郎「それで竜華の子供がまともに生きられなくなってもか?」

京太郎「ふーん。何も罪のない子供を陥れてまで俺に復讐したいんだ?」

竜華「子供の名前な、『』っていうんやで?」

竜華「ウチのかけがえのない親友の名前や。素敵やろ?」

怜「うっ、うっ....なんでやぁ...なんでこんな、こんな残酷な...」

怜「りゅ、りゅーかぁ...りゅーかぁ...」

京太郎「さようなら、園城寺先輩」

京太郎「もう二度と俺達の前に現れないで下さいね」

竜華「怜のこと、ウチはずっと忘れないから。それだけは約束したる」

~~~~~

咲「ん~。たまにはこういうシチュエーションもいいよね?」

灼「こういうは賛否両論わかれるけど...アリなんじゃない?」

渋谷「宮永さんこういうのも書けたんだね。ちょっと意外かな」

咲「京×ハギもマンネリ化してるからこういうのもアリかも」

宥「はわわ...///」

咲「宥さんも書いてみますか?結構好きですよね、こういうの?」

宥「わ、私は...」

咲「きゅふふ...」

 続くのか...? カン