かわいいかわいいさきちゃんのあさ

プロになった咲ちゃんの朝は、日も昇らない五時からはじまります
まず起きたあとシャワーを軽く浴びて、アパートのお隣の部屋に合鍵を使い入ります

遠征もあるから自分の部屋の冷蔵庫にあまり生ものは入れたくないのと言い、お隣の冷蔵庫をメインに使っています

そこで家主さんのお弁当も一緒に作ります
ハートマークはしっかり描いておきます

お弁当を作り終えると7時です
家主さんはまだ寝てるので布団に潜り込みます
そのまましっかり体を擦り付けてマーキングします

そのまま目を覚ました家主さんに朝ごはんされす(意味深)

咲「と言うわけで京ちゃん。めでたくデキちゃいました」

京太郎「……あー、まぁあんだけやりゃあなぁ……。丁度いいし結婚するか。」

咲「だねー。丁度いいよね。お互い25歳だし、適齢期だよねー」

なんてぇか、京ちゃんは絶対咲さんに喰われるよ(確信)
カン!