時は人が望もうとも望まなくとも平等に降りかかる。須賀京太郎という人間も例外ではない。
初めてのインターハイから早7年、今の彼の肩書は新米アナウンサーである。

久「須賀くん、これとこれとこれ、目を通しといて」

高校時代と同じく平気で仕事を振ってくる先輩上司。

憧「……竹井さん、京太郎にばかり仕事押し付けてませんか?」

久「別に? 正当な評価よ。須賀くんならできるって知ってるもの」

2年前にアナウンサーになった元部長、そして同輩の新子憧。彼女らの影響がないわけではない
だがこの道を彼を進ませた決定的な要因は

『いつか、一緒に仕事できたらいいね』そんなたわいもない、夢物語の約束。
彼女は覚えてるのだろうか、高校の卒業式のあの時の言葉を。

これは彼と彼女の再会、そして動き出した恋を記した物語。


カン