京太郎「なー、咲。俺ってお前と幼なじみだよな?」

咲「えっ、そのはずだけど?どうしたの急に」

京太郎「いや、気になってたんだよ。なんで誠にからかわれた時に同じ中学だなんて言ったのか」

咲「もしかして、幼なじみって言えばよかったのにとか思ってる?」

京太郎「ああ」

咲「京ちゃんは何もわかってないよ!」

京太郎「おおう!?」

咲「いい京ちゃん?ただでさえ嫁さんだなんて言われてるのに、幼なじみなんて情報がプラスされたら夫婦確定だよ!」

京太郎「それはおかし……」

咲「だって幼なじみだよ!最近は負け属性なんて言われてるけど、やっぱり幼なじみって間柄には凄まじい破壊力があるの!」

京太郎「お、おう」

咲「だから幼なじみなんて言ったら私は京ちゃんと結婚します!って宣言するようなもので自分で言うんじゃなくて京ちゃんから言ってほしい事なの!」

京太郎「!?」

咲「わかった!?」

京太郎「……お、おう」

咲「わかってくれたならいいんだよ、うん」

京太郎「……言ってほしい、ね。なるほど、わかった」

咲「京ちゃん、どうかした?」

京太郎「いや、なんでもない」

咲「変な京ちゃん」

カンッ!