透華「須賀君を龍門渕で一流の人間に育て上げて差し上げますわ!」

久「執事さん個人にならいいけど、それ以外はダメね。」

菫「淡のストッパーとして彼を貸し与えてもらえるだろうか。」

久「ごめんなさい、亦野さんに頑張ってもらって。」

小蒔「霧島の地へ京太郎さんをお迎えしたいと……」

久「遠路はるばるご苦労様。だけど須賀君は
私のものなの」

洋榎「と言うかアンタら揃いも揃って女子高やん。ウチで預かるんが妥当や」

久「公式に共学って判明してから出直してきて。」


ギャ-ギャ-ガヤガヤ……


ーーーーーーーー

和「何ですかあれ?」

まこ「何でも、京太郎が全国制覇の影の要素じゃとか、(麻雀以外で)優良物件じゃっちゅう噂が広まってるようでのぉ……」

優希「ダメだな!京太郎はココでタコスを私に捧げ続けるんだじぇ!私は代わりに愛を注ぐ!」

咲「それはそれで京ちゃんが不憫だと思うよ優希ちゃん。」

和「で、当の須賀君は……」

まこ「念のためウチの店で匿っとるよ。」

久「まこ、悪いんだけどちょっと代わって?用事があるのよ。」

まこ「あいよ、そろそろ生徒議会の時間じゃったか……」

久「それじゃあ、後よろしく〜」


ーーーーーーーー

京太郎「……で、全部染谷先輩に投げっぱなしにしたと。」

久「最近週末はああなのよ? 流石に疲れるわ……」

京太郎「と言うか俺が部室を離れる必要あるんスかね……?」

久「あら、強硬手段に出られても困るでしょう? それより……この不幸にも疲れ果てたお姫様を癒す、名誉あるエスコート役に任じてあげる。」

京太郎「拒否権無いんっすよね?」

久「嬉しいくせに」

京太郎「いやそりゃまぁ……あーもー!そんじゃあ今日も行きましょうか、お姫様?」

久「ええ、私の騎士に任せるわね♪」


ーーーーーーーー

ワ-キャ-ザワザワ……

まこ「じゃから、京太郎は物じゃないと何度……」

一太「すみません、麻雀部が騒がしいと他の部から苦情が……」

まこ「あー、すまんのぉ副会長……久はまだ手ぇ空きそうにないかの?」

一太「えっ? 会長、今日は所用があって議会に出られないって……」

一同『……えっ?』




カンッ