前回 

京太郎「す、すまん和」

和「待ち合わせ時間ちょうどですよ。気にしないでください」

和「咲さん達……妹さん達につけられてませんか?」

京太郎「それを撒いてたら遅れちまって……」

京太郎「人ごみに入ったら人ごみに流されていったよ」

京太郎「……三人とも、迷子になってないといいなぁ」

和「咲さんは心配ですが、他の二人はどうでもいいので大丈夫ですよ」


和「さあ、デートへ行きましょう」

京太郎「お、おぅ……」チラッ

はやり「はーい☆」

和「……なんで姉さんがついてきているんですか?」

はやり「えっ……可愛い可愛い妹である和ちゃんが初デートで緊張していないかな、と思って同伴に」

和「初じゃないです二回目です」

はやり「京太郎君……! はやりに内緒で和ちゃんの初めてを奪ったんだね!」プンスカ

京太郎「はあ、どうも、すみません」



はやり「やはり、はやりお姉ちゃんが付いてないとダメだねっ」

和「帰って、どうぞ」

はやり「うぅ……きょ、京太郎君は三人で一緒にデートしたいよね」

京太郎「いや、いいです」

はやり「いいです? いいんだ、オッケーもらえたからいいよね!?」

和「殴りますよ」

はやり「うぅ……きょ、京太郎君……代わりにはやりの胸を揉んでいいから仲間に入れてくださいっ」

和「教師が生徒を誘惑しないでもらえますか」

はやり「生徒が不純異性交遊しちゃダメだよ!」

和「不純じゃありません。まだデート一回して手を繋いで私からキスしただけです」

はやり「超不純だよ!」

和「最近ではこれが普通です」


和「とにかく……私と須賀君のデートの邪魔をしないでください」

はやり「い、一緒に連れて行ってください。お願いします」

和「嫌です」

はやり「ヤダ、ヤダ! はやりも和ちゃんと一緒に遊びたいよぉ!」ジタバタ

和・京太郎( (いい大人が……) )メソラシ


はやり「高校に入ってから、和ちゃんは冷たいよ……」メソメソ

はやり「せっかく同じ高校に入ったのに余所余所しいし!」

和「たしかに同じ高校ですけど、生徒と教師なんですからね」

はやり「……生徒と教師の間に芽生える愛もあるんだよ?」

和「それこそ不純です。公私混同しないでください」


はやり「昔は『おねえちゃんおねえちゃん』っていっつも後ろについてきてくれたのに……」

和「捏造です」

京太郎(それは事実だよな……)

はやり「はやり、まだ和ちゃんがおねしょした写真を携帯の壁紙に、痛いっ!?」バシン!

和「…………」ピッピッピッピッ

はやり「うわあああああ! はやりの秘蔵の写真があああああ!」

和「全て消去させてもらいました。じゃ、帰ってください」

はやり「…………」グスッ

和「帰ってください」

はやり「はぃ……」トボトボ


京太郎「……いいのか?」

和「いいんです。姉さんは妹離れしてもらわないと……」

和「さあ、今日は買い物に付き合ってもらう約束ですよ」

和「姉さんの誕生日プレゼントを一緒に選んでください」

京太郎「そうやってちょくちょくデレるから妹離れできないんじゃ」ボソッ

和「何か言いましたか?」

京太郎「何でもないです……」