京太郎「照さん…お久しぶりです」

照「京ちゃん…なんだか、久しぶりだね。前よりも身長も伸びたし、…前みたいに照って呼んでよ…」

京太郎「あ、あれは中学の時だったし…今は…」

照「今も昔も関係ない…。敵になっても、京ちゃんは京ちゃん、私は私だから…」

京太郎「昔から適わないな…て───」

咲「今も昔も関係ない──?」ゴゴゴゴ

照「さ、咲!?い、威圧は止めて」ガクガク

咲「そうだよね、今も昔も関係ない…よね?だから、今まで通りの私でいるよ」ゴゴゴゴ

京太郎「あ、あの…咲…さん?」

咲「これは私と『お姉ちゃん』との大事なお話だから、京ちゃんは少しだけ黙ってようね」ゴゴゴゴ

京太郎「ヒィ──!」

照「」ガクガクガクガク

咲「お姉ちゃん久しぶり──」


──カン