健夜「京ちゃんゲーム?なにそれ」

はやり「なんでも王様ゲームの変化版って遊びみたい」

恒子「インハイ時期から女子高校生の間で流行り始めたみたいだよ、女子高校生の間で」

健夜「なんで私の目を見ながら女子高校生を強調したのかな?かな?」

咏「でも実際どんなゲームかしってるかいえりちゃん」

えり「なんでもくじでお姫様と『京ちゃん』を決めて京ちゃんに選ばれた子はお姫様の言うことをなんでも聞かなければいけないとか……」

良子「また随分クレイジーな遊びですね」

健夜「でもなんでそんなゲームが?」

はやり「インハイ団体・個人覇者の清澄高校がやってるのを、白糸台が真似て広がっていったみたいだぞ☆」

恒子「どうせなら私たちもやってみません?」

咏「お、いいねー」

これを切っ掛けに、全世代に『京ちゃんゲーム』がひろがったとかなんとか、カン