京太郎「…で、どうして俺が縛られてるんでしょうか…?」

白望「逃げられると…ダルいから」

塞「まぁまぁ、そう目くじら立てない立てない」

エイ「イマカライイコトスルヨ!」

胡桃「わ、私は監視役だから…」

豊音「じゃあ~始めるよ~」

「「「京ちゃんゲーム!」」」

京太郎「きょ、京ちゃんゲーム?!」

塞「ここにクジがあります。赤色のクジを引いた人が京太郎を好きに出来ます」

京太郎「俺に拒否権は!?」

白望「それはない…」

エイ「──」カキカキ…バッ!

胡桃「エイちゃんなんて?」

白望「…大人しくしろ…だって」

豊音「みんなクジ持った?じゃあ…」

「「「王女はだーれだ!」」」

白望「わたし…」ニコッ

塞「くぅ…」

エイ「ナニスル!」

胡桃「か、過激すぎるのは駄目だからね!」

豊音「──…」ドキドキ

白望「じゃあ…ディープキス」チュパ…

京太郎「───!!」チュパ…

白望「──ん…ふぅぁ…」チュパ…

塞「す、ストップ!」ガバッ

胡桃「───!」ドキドキ

豊音「はー──……凄い濃厚だったよー」

エイ「(≧ω≦)b」

塞「い、いきなりやり過ぎ。もっとソフトなものからにしないと!」

白望「ん…。わかった…」

豊音「次、いくよー!」

「「「王女はだーれだ!」」」

胡桃「よしっ!わたし!」

塞「また1/5外したか…」

京太郎「さ、さっきのよひは…おさへて…」

豊音「胡桃は何するの?」

エイ「キニナル!」

胡桃「わ…わたしは…充電!」
白望「むっ…」

塞「あれ、そっち向き?」

胡桃「じゅ、充電!充電!」ギュゥゥ

京太郎「ちょ、胡桃さん!」

豊音「はーい、終わりー」

胡桃「…ふぁぁ。こんなの初めて…///」

エイ「……」カキカキ

白望「羨ましい…だって」

豊音「私も羨ましいーよー」

塞「じゃあ次!」

「「「王女はだーれだ!」」」

エイ「ワタシ!」

塞「また外した…」

豊音「くじ運悪いよー…」

白望「エイスリンは何をするの…?」

エイ「シロトオナジ!」カプッ

京太郎「はっ、ちょっ…首ぃ!?」

エイ「ン…フ…」ペロペロ

胡桃「エイちゃんも…///って、終わり!」

エイ「オゥ…///」

塞「確か首って…」

白望「欲求…征服…」

豊音「ちょー刺激的だよー…」ポワポワ

京太郎「こっちは身が持たないぞ…」

胡桃「次!次いくよ!」

白望「胡桃も乗り気…」

塞「ムッツリだもんねぇ…」

胡桃「う、うるさいそこ!はい!」

「「「王女はだーれだ!」」」

豊音「はい!私だよー!」

塞「つ、次こそは…!」

エイ「トヨネ!ナニスル!」

豊音「じゃ、じゃあ…後ろ失礼して…京ちゃん顔上げて?」イソイソ

京太郎「(ま、豊音さんだし、過激なことはないだろう…)はい…ってングッ!」

豊音「京ちゃん…京ちゃん…///」

白望「抱きしめて…」

塞「後ろからキスだと…!」

エイ「マーベラス…!」

胡桃「…!」

豊音「好きぃ…大好きぃ…///」

京太郎「───!!───!!」

白望「あっ…ダルいことに…」

京太郎「」K.O!

豊音「えへへ///凄い気持ちよかったよー…。シロの味と京ちゃんの味がしたよ~」

塞「と、豊音やり過ぎ!!」

胡桃「じ、人工呼吸!」

白望「じゃあ…私が…」

エイ「ダルクナイシロ!」

この後滅茶苦茶キスされたけど…
俺、あの日の記憶ないんだよな…。

塞さんがちょっとだけムカッとしてたのは別の話だ…。

──京ちゃんゲーム 宮守編カン──