• 白糸台二年後-

淡「はあ…」

京太郎「どうしたんだ?溜め息なんてついて」

淡「いや、今年もうちの高校団体戦無理かなって思って…」

京太郎「そう思うならお前が出てやれよ…」

淡「やだよ!」

淡「キョータロー忘れたの?去年の白糸台の悲惨な結果を」

京太郎「いや覚えてるけどさ…普通に全国までは行ったじゃねえか」

淡「でもその全国の最初の試合で、タカミーの番になるまでにトばされてたじゃん」

淡「安心できるメンバーじゃないとダメだって」

淡「だから虎姫に新しい奴あれから入れてないし」

京太郎「ならお前が先鋒として出れば…」

淡「キョータロー、私は前にも言ったけど大将じゃないと嫌なの!」

淡「他の役割なんてまっぴらごめんだね」

京太郎「まったく…淡は変わんないないよあ」

淡「私は高校102年生なの!最強なの!」

淡「私より強い奴なんて…うーんテルーぐらいしかいないっしょ?」

京太郎(二年前は優勝はしたけど、稼いだ点数では照さんの妹さんに負けてるんだけどな)

京太郎「はは…照さんは今頃プロで頑張ってるだろうな」

淡「テルー…」



京太郎「お二方…本当にお世話になりました。たったの一年間ですけど俺にとっては
    とても有意義でしたよ」

照「きょーちゃん!!!!きょーちゃん!!!」ダキッ

菫「お、おい照!いつまでいるつもりだ!」

照「きょーちゃん!!嫌だ!一緒に卒業しようよ!」グスッ

京太郎「照さん…何もまったく会えなくなるわけじゃないんですから」

淡「でもテルーはプロに直行だから当分会えそうにないね」

照「!」

菫「おい淡…」

淡「まあキョータローの世話は私に任せて!頑張ってきなよテルー!」

京太郎「あのな…」

照「…」

菫「京太郎…淡の世話を頼んだぞ…」

京太郎「はい!」

淡「どういうこと!?スミレ先輩!」

照「じゃあ最後に一つだけ」

照「淡、私はプロになっても負けないから」

照(恋もね)バチッ

淡「テルー…」

淡「…」ニヤリ

淡「ふふっ…私ももっと強くなってテルーに勝ってみせるからね!」

淡「三年後楽しみにしててよ!」

淡(それまでにキョータローを淡ちゃんにメロメロにさせるから)バチバチッ

照「できるものなら…!」ゴゴゴ…

淡「ふふふ…楽しみだね…!」ゴゴゴ…



淡「…」

京太郎「淡どうした?ボーッとして」

淡「べつにー?なんでもないよ!うりゃっ!」ダキッ

京太郎「うおっ!?いきなり抱きつくなよ!」

淡「へへー///」ムニュ

京太郎(あ、当たってんだよ…!こいつどんどん成長してやがる…)

京太郎「淡…あのな…」

淡「キョータロー…」

京太郎「ん?」

淡「私さ、テルーたちが卒業しちゃったらどうしようかと思ってたんだ」

淡「正直麻雀に関してのやる気も失せちゃいそうだった」

京太郎「…」

淡「でもキョータローがいたおかげでさ、この二年間とっても楽しかったんだ!」

淡「ありがとう。キョータロー!」

京太郎「なんか恥ずかしいな…そういって貰えると嬉しいぜ…」

淡「虎姫のマネージャーは伊達じゃないね!」

京太郎「おい!一応俺は部員だ!」

淡「ふふ!キョータロー大好き!」

淡「あと一年切っちゃったけど、これからもよろしくねキョータロー?」

京太郎「ったく…」

京太郎「おう!こちらこそよろしくな淡!」

淡(テルー、もしかしたら来年プロで会う頃には私の横には)

淡(キョータローがいるかもしれないからね!覚悟してて!)

カンッ