高鴨穏乃に恋人ができた、そのニュースは阿知賀女子学院を揺るがした。
ほぼジャージ姿、趣味は山、その生態では行き遅れること確実と目されたあの高鴨穏乃がである。
ある少女はその現実味のなさに思わず誤報と決めつけ、ある少女はなぜ自分ではないのか嘆き、ある少女はふんわりとおめでとうと言った
なお一人、全く興味を示さずネクタイを弄っていた少女と、教え子に先を越されて突っ伏した大人もいた。

そして更なる衝撃が阿知賀女子学院に走った。
高鴨穏乃が、フェニミンな服を普段着にし始めたのである。あの服がほとんどジャージの上しかなかった少女が、自らの意志で。
幼馴染の少女は親友がおかしくなったと騒いだ。ある少女は恋は人を変えるのだなと嘆息した。ある少女は寒くないのかなと思った。
そしてやっぱり興味なさげな少女と、自分の服装を見直そうか真剣に考え込む大人がいた。

そしてある日、彼女が金髪の少年とカップル専用のジュースを顔を赤らめながらストローで一緒に飲み、イチャイチャとパフェを食べさせ合う姿が目撃された。
それを目撃した少女はまず己が目を疑い、そして砂糖を吐く気分というのを人生で初めて知った。

高鴨穏乃は恋の成功の秘訣を聞かれてこう告げた「好きになった相手に何でもして上げたいって思うだけだよ」


カン