京太郎「おう、優希。頑張ってるじゃねーか」

優希「きょ、京太郎……! 応援しに来てくれたのか!?」

京太郎「差し入れのタコスも持ってきたぞ」

優希「京太郎のタコス! げ、下僕にしては殊勝だじぇ……」モジモジ

京太郎「てか、すげーじゃねえか! 次が決勝戦だろ?」

優希「お、おぅ……まあ私にかかればこんなもんだじぇ」

京太郎「今日まで頑張ってきたもんな」ナデナデ

優希「ぬわっ!」ヒョイ

京太郎「あ、悪い。何となく撫でたくなって……もうそんな年でもないのになぁ」

優希「そ、そうだじぇ……もう結婚だって子作りだって余裕だじぇ」

京太郎「ん? 何か言ったか?」

優希「な、何でもないじょ!」カオマッカ

京太郎「いや、何かお前、顔赤いぞ?」

優希「うっさい! お前は黙って私の頭を撫でていればいいんだじぇ!」

京太郎「ほいほい」ナデナデ

優希(……ま、またキツく言ってしまった)

優希(京太郎は私のこと心配してくれたのに……このままじゃいけないじぇ)

優希「……よしっ」

優希「京太郎!」

京太郎「お?」

優希「絶対勝ってくるから、待っててほしいじぇ」

京太郎「おう! 頑張ってこい!」

優希「……行ってくるじぇ!」


優希(……決勝で勝てたら京太郎に告白しよう……)

優希(誰が相手か知らないけど――負ける気がしないじぇ!)


優希「たのもー! ここが決勝の対局室だな!?」

咲「ゆ、ゆーきちゃん……ビックリした」

優希「おろ、咲ちゃんじゃないか」

優希「咲ちゃんと残りの二人は……」

照「…………」

健夜「よ、よろしくお願いします」ペコッ

優希「……フラグ回収早すぎだじぇ」


咲「ふふっ、このまま優希ちゃんがトバされる未来が見え……えっ!?」

優希「――――」

健夜「この子、まだ目が死んでない……」

照「あれだけ点棒を奪われたのに……まだ諦めてない」


京太郎『優希!』

優希『京太郎…?私…』
京太郎『なに呆けんてんだよ、優希。今日は俺達の新しい門出だぞ!』

優希『門出…?あぁ、そうだ…私はあの時咲ちゃん達からの攻撃に耐えて、オーラスの親番までたどり着いて…』

京太郎『そうだ、お前はそのままいきなり純正九蓮宝燈をツモって咲達をトバしたんだ!勝ったんだよ!』

優希『あ…ああ…!京太郎…私、京太郎との約束守れたのか…!』

京太郎『ああ!かっこよかったぜ優希!それでな優希…』

優希『えっ?』

京太郎『今さらだけど、俺お前の事が――』


優希「――――」

咲「ど、どうして…優希ちゃんの京ちゃんへの気持ちが私を上回ったって言うの…ありえない…そんなの、ありえないよ!!」

まこ「よし!優希、よく耐えた!」

久「優希の手牌は完璧よ!後一つをくわえさえすれば!」

和「耐えた…ゆーきが、あのメンバーに打ち勝ったと言うんですか……?」

優希「――私は、勝つんだ…それで、京太郎に…」スッ…

優希(京太郎…私、京太郎の事が――)

優希「……来たじぇ」

咲「!!」
照「……」
健夜「まさか……」

優希「ツ……」

京太郎「優希!!」

優希「――――」グラァ…ドサッ……カランッ、カラン……

京太郎「ゆ、優希ぃぃぃぃぃ!!」

咲「……」ギュッ…