「――3番は実印を朱肉に付ける!」

「えっ!?」


「1番はこのメモ帳に署名捺印してね☆」

「は、はあ?」


「っ、4番! 結婚!」

「ちょ!」「無効! 誰と結婚か指定してないから無効!」「やっべーモンスターばっかりですね」「わっかんねー!」ケラケラ


「んじゃ理沙ちゃんも限界みたいだし……5番は王様と 「結婚はなしだよ☆」 ちっ。じゃキスでいいやキス」

「え、いやマジっすか。小鍛治プロならモテるでしょうけど、こういうのでそういうのは」

「須賀君が5番なんだよね? ならいいから。ほら、早く。はりーハリーHurry!」


「うぅっ……。あっ、やった! 王様ですよ俺! あー、でもどうしようかな。ここは無難なので」

「ここで攻めなきゃ男じゃないねぃ」「そだねー。ほら、私ならおっぱい揉ませてあげるよ☆」「卑怯!」「はやりちゃん……くっ」

(あのはやりんのおっぱいだと……? ここはぶっこむしかねー! でも、何番だ……?
 はやりんか戒能プロなら当たり。小鍛治プロと野依プロはまあ、そこそこ。三尋木プロは外れだな。
 ――っ!! え!? よく見たらみんな分かりやすく指で番号サインしてる。俺が狙い撃ちされてたっぽいのはそれで?)

「っし。行きます。2番が王様の膝に乗って胸を押し付ける!」


「ってて……。あ~。もう、朝か? あっ」

 須賀少年の視界には、裸の女性たちの死屍累々な様だったとかなかったとか……。


カンッ