憧「…」ボー

京太郎「元気ねーぞ、っと」ピトッ

憧「…何か用?」

京太郎「あら、もしかしてホントに元気ない?」

憧「別に、そういう訳じゃないわよ。ただぼーっとしてただけ」

京太郎「ふーん…ま、いいや。これ食う?」

憧「何これ?」

京太郎「近くのパン屋のタマゴサンドとこれまた近くの自販機のドクターペッパー。美味いぞ?」

憧「自分で食べるために買ったんじゃないの?」

京太郎「まーそーだけど、誰かと一緒に食うのも良いもんだろ」

憧「んー…それじゃ、一つもらうわ」ヒョイ

京太郎「おー」

憧「ぁむっ…確かに中々美味しいかも…」

京太郎「だろ?」

憧「ちょっと味が濃いけどね。おかげで喉渇いちゃった」

京太郎「ん、ほれ」スッ

憧「ん。…うぇ、薬の味」

京太郎「それが良いんじゃねえか」

憧「アタシには無理だわ…返す」

京太郎「好き嫌いが別れるらしいしな…しゃーねぇ、ほれお茶」

憧「…最初からこっち出して欲しいんだけど」

京太郎「好みの調査だよ、多分」

憧「そこは断定しときなさいよ…」

京太郎「いーんだよテキトーなぐらいで…はー、うめぇ」

憧「ふーん…もう一つもらうわね」 ヒョイ

京太郎「ん」モグモグ

憧「割と盲点だったわねここ…要チェックかしら」モグモグ

京太郎「菓子パン系も美味いらしいぞ、ここ」

憧「へー、今度シズでも誘って行こうかしら」

京太郎「俺は?」

憧「誘わなくても来るでしょ?」

京太郎「それもそうな」

憧「ま、それは後で考えるとして。そろそろ教室戻らなきゃねー」ノビー

京太郎「んぉ?もうそんな時間か…あむっ」パクッ

憧「アンタ食べるの早くない?二切れもらったとは言え結構あったのに」

京太郎「それが男の子なんだよ。遊びたい盛りなめんな」

憧「あっそ」

京太郎「興味なさげな反応ですなぁ」

憧「実際どうでも良いし。それより早く戻りましょ。予鈴鳴るわよー」スタスタ

京太郎「あ、おい待てって。そんな先々歩くなよ、ったくぅ…」タタタ

―――この後なんやかんやで件のパン屋に向かう頃には7人の大所帯になっていたのは別のお話

カンッ