最初はテルーにくっついてる羽虫だと思った。
馬鹿みたいに弱いし、負けてもへらへらするし、テルーがお菓子って言ったらすぐ持ってくるし。

だから名前なんて覚えなかったし、ほっとけば消えると思ってた。
弱いのはみんなそう、裏で陰口叩いてずるしてるとか言って、弱いことを認めない。
だから弱い奴は嫌い。

1ヶ月たってもあいつは消えなかった。それどころかテルーの側近みたいな扱いで馴染んでた。
強い奴に媚びを売るプライドのない奴、そう感じたから私も好きなだけこき使った。

また1ヶ月たった。何故かあいつは私とテルーの担当みたいな扱いになってた。
私がどれだけ無茶言っても『仕方ないなあ』みたいな顔して結局いうことを聞く。
それでいて何か陰口をたたくこともない。変な奴だった。

7月になって、虎姫が1軍になった。ついでにデクノボーは1軍の付き人と化した。
誰かが『虎の威を借る狐』って呼んでたから、そいつが泣くまで麻雀でつぶしてやった。

8月、キョータローは相変わらず動き回ってる。
何が忙しいのかわかんないけど、私やテルーといる時間が減ってる。なんだかおもしろくない。

インハイ、準決勝で阿知賀の大将に負けて泣いてる私の傍にキョータローはずっといた。
慰めを口にするでもなく、私の大言を責めるでもなく、ただただ手を握って体温が傍にあった。
なんだかすごくあったかくて、落ち着いた。

インハイが終わった。でもその結果よりも私の心を乱す存在があった。
顔を見たら動悸がする、心配されると嬉しくなる、構ってくれないと寂しい、笑顔を見ると顔が熱くなる。
たった1人のよわっちいやつの行動に一喜一憂してた。
何故かキョータローのことを考えない日はない。

9月、三年生が引き継ぎを始めた。スミレとテルーも例外じゃない。
スミレは『肩の荷が下りた』と言い、テルーは『京ちゃんが淡専属になるね』と言った。
私専属、なんだかいい響きだ。その日は楽しくてキョータローにぺたぺたして遊んだ。

10月、キョータローが告白されてるのを見てしまった。見た瞬間に頭が真っ白になって割って入ってた。
『キョータローは私のだから誰にも渡さない』って、そんなことを叫んでたらしい。
恥ずかしくて死にそう。


カン