穏乃「憧、どーいうこと!? 私二人が付き合ってるなんて聞いてない!」

憧「何がよ? ていうか付き合ってないわよ、私ら」

穏乃「嘘だ! 金曜の夜に京太郎の家行って、日曜の夕方まで出てこなかったじゃん! 何してたのさ!」

憧「何って……想像の通りじゃない?」

特に悪びれるでもなく、憧は自分の爪を磨いている。

穏乃「やっぱ寝てるんじゃん! 私に隠れて付き合うって何さ!」

憧「だから付き合ってないって。体だけのか・ん・け・い、今はまだね。
  お子様のシズには分かんないかもしれないけど」

穏乃「な、なんだよそれ、わけわかんないよ!」

憧「ていうか、シズも京太郎が欲しいなら直接行けばいいじゃない。
  服脱いで、すり寄ってエッチしてって頼めば? 相手されるかは知んないけど、うまくいけば私と同列よ」

玄「話は聞かせてもらったのです!」(どや

憧「なんで雀卓の下から出てくるのよ、玄」

穏乃「く、玄さん……」

玄「憧ちゃんの言い分なら私も参戦していいはず! この中でなら私のおもちも……うん、ある方だね!」

憧「いいんじゃない? 好きにすれば。ただし弄ばれて終わりでも京太郎恨まないでよ。
  単にあたしらが勝手に体を武器に迫るだけなんだから」

玄「最終的に勝てばよかろう、なんだよ憧ちゃん!」

穏乃「う、うう、なんだかわからないけどすごい説得力……私も負けてられない!
   勝負するときは一直線だ!」

ダダダダと走っていく穏乃と、それを追いかけようと必死になる玄。憧はそれを見届けて。

憧「まあ、京太郎の心はいまだに和なんだけどね。別に言わなくてもいっか、あの二人なんかしでかしそうだし」

軽く呟いて、爪にふっと息を吹きかける。

憧「ま、私も今のまま負けるつもりはないけど。まずは和と会わせてけりつけないとね」

不敵に少女は恋敵を空に思い浮かべて、笑った。


カン