---------

~堤防~

京太郎「そうか、母さんと姉ちゃんは東京に…」

京太郎(…知ってたけどさ)

咲「うん。まだ離婚はしてないけど…」

咲「一度、一人で会いに行った事があるんだ」

京太郎「…」

咲「でも、お姉ちゃんは一言も口をきいてくれなかった…」

咲「きっとまだ、私のことを怒ってるんだ…」

京太郎「対局したいっていうのは、姉ちゃんなのか?」

咲「う、うん…」

咲「私はお姉ちゃんと麻雀がしたい」

咲「麻雀なら…麻雀でならお姉ちゃんと話せる気がするから!」

京太郎「そっか、じゃあ頑張らないとな!」

咲「うん、私もッと頑張るよ!」

京太郎「おう」

咲「京ちゃん、ありがとね」

京太郎「ん?なにが?」

咲「私、京ちゃんが誘ってくれなかったら、きっとこんな気持ちになることもなくって」

咲「ずっと、家族の事でウジウジ悩んだままだったんだろうなーって思うんだ」

京太郎「…」

咲「だから、ありがと」

京太郎「おう!まあ、この先俺が出来る事なんてサポートぐらいだろうけどさ」

京太郎「咲の気が済むまで、ずっと一緒に居てやるからな!」

咲「あ、ありがと///」

京太郎「ああ、友達だからな!」

咲「…」ムッ

京太郎「あれ…なんかまずい事言った?」

咲「京ちゃんのバーカ」

京太郎「なんでだよ!」

咲「あはは、バーカバーカ!」

京太郎「てめぇ咲!こんにゃろ」グリグリ

咲「いたいいたい!」

京太郎「はぁ…」


京太郎(なんとかしてやらないと…)

京太郎(なにか…ないのか…)


咲「ねえ、京ちゃん」

京太郎「ん?」

咲「京ちゃんって、好きな人いるの?」


京太郎(好きな人…そうだ!)


京太郎「うーん、今の所いないなあ」

咲「そ、そうなんだ!」


京太郎(咲に好きな人がいるなら…)


京太郎「そう言うお前はいるのかよ?」

咲「いるよ」


京太郎(そいつに頼めば…咲の心のスキマは埋められる!)


京太郎「まじか?俺の知ってる人?」

咲「うん」


京太郎(でも何て頼むんだ…?咲にキスしてくれってか?)


京太郎「どんなやつ?」

咲「いつも私を見ていてくれる人かな」


京太郎(何だこれ…?胸がムカムカする…)


京太郎「誰だよ?教えろよ」

咲「えへへ、教えな~い!」


京太郎(くそっ…)


咲「ふふ、やーい騙されたー!京ちゃんのバーカ♪」

京太郎「って、嘘かよ!」


京太郎(嘘かよ…って、なんでほっとしてるんだろう)


咲「京ちゃんのバカ…」ボソ

---------

京太郎「いやあ、騙されたー…」

咲「京ちゃん、騙されやすいね~」

京太郎「うっせー!また頭ぐりぐりするぞコラー!」

咲「あはは、こっちだよ~!」

京太郎「まて~い!」

咲「あはは、…あっ!」ガッ

ドテッ!

京太郎「お、おい大丈夫か?」

咲「いたたた…転んじゃった」テヘペロッ

京太郎「まったく、咲はドジだなあ」

咲「てへへ」

京太郎「はぁ…。さ、お手をどうぞ、お姫様」

咲「ありがと///」

京太郎「よっと、怪我ないか?」グイッ

咲「うん、大丈夫」

京太郎「そりゃよかった」

咲「あ…ねえ、お姫様って言うなら、お姫様抱っこしてよ!」

京太郎「えっ」

咲「ね!」ジー

京太郎「…」

咲「…」ジー

京太郎「わーかったわかった」ハァ

咲「えへへ、やったー!」

京太郎「ったく、よっと…」ヒョイ

咲「わぁ」

京太郎「思ったより軽いな」

咲「む、思ったよりとは失礼な」

京太郎「思った通り軽いな」

咲「もー、調子いいんだから…」ペチペチ

京太郎「いたいいたい」

咲「ねぇ、京ちゃん」

京太郎「ん?」

咲「私の気が済むまで一緒に居てくれるんだよね?」

京太郎「ああ、約束する」

咲「じゃあ、もし一生気が済まなかったら、ずっと一緒に居てくれるの?」

京太郎「ああ…って!何言って」

咲「えいっ」


  チュッ!


京太郎「」

咲「えへへ、勇気、もらったよ!」パアアアア



  ボワワワワ



ハギヨシ「出ました!駆け魂です!」

ハギヨシ「勾留ビン!」バッ!



  シュルルルル…スポン



ハギヨシ「勾留完了!お疲れ様です、京太郎」

---------

~翌日~

京太郎(あんなことがあったから、ちょっと咲と顔を合わせづらいな…)

咲「京ちゃん!おはよう!」

京太郎「」ビクッ

京太郎「お、おう、おはよう」

和「おはようございます」

京太郎「お…おはよう」

和「それじゃ」

咲「うん、お昼一緒に食べようね」

スタスタ

京太郎「お、おい咲」

咲「ん?」

京太郎「お前、和と仲良くなったのか?」

咲「うん!」

京太郎「えっ、一体いつの間に…」

咲「昨日、一緒に全国に行こうって約束したんだ」

京太郎「えっ」


ハギヨシ(透明)「以前言いました通り、駆け魂に関する記憶は消えています」ヒソヒソ

ハギヨシ(透明)「おそらく、京太郎が行った行動の大部分は」ヒソヒソ

ハギヨシ(透明)「原村和が行ったという事になっているようですね」ヒソヒソ

ハギヨシ(透明)「雨の中追いかけた事も。堤防での件も」ヒソヒソ

京太郎「えっ、キ、キスも…?」ヒソヒソ

ハギヨシ(透明)「それは流石に指切り程度になっているかと」ヒソヒソ

京太郎「そっか」ヒソヒソ

ハギヨシ(透明)「残念ですか?」ヒソヒソ

京太郎「ま、ちょっとな」ヒソヒソ

ハギヨシ(透明)「左様ですか」ヒソヒソ

京太郎「でも良かったよ」ヒソヒソ

京太郎「キスのままだったら、和がレズみたいになっちまうからな!」ヒソヒソ

ハギヨシ(透明)「そっちですか…」ヒソヒソ

ハギヨシ(透明)(それはもう手遅れな気もしますが…)


京太郎(良かったさ…)


咲「どうしたの?独り言?」

京太郎「あ、いや別に」

咲「ねえ、京ちゃん」

京太郎「うん?」

咲「京ちゃんも全国に連れて行ってあげるからね!」ニコッ


京太郎(この笑顔を守れたんだからな!)


京太郎「おう!」


おわり