優希「感謝してるじぇ」

京太郎「…あ?」

優希「いつもタコス作ってくれて」

京太郎「……タコスに毒混ぜた覚えはないぞ俺」

優希「茶化すな犬。…ありがとう」

京太郎(マジでどういう風の吹き回しだこいつ)

優希「タコスだけじゃない」

優希「いつも下らない話に付き合ってくれてありがとう」

優希「いつもひどいこと言ってるのに気にしないでくれてありがとう」

京太郎「自覚があるなら直せよ…」

優希「善処するじぇ」

京太郎(サブイボ立つわなんだこいつどこの子だよ)

優希「口が悪くて生意気なちんちくりんな私だけど…」

京太郎「おう」

優希「否定しろ犬! …まあでも、京太郎のこと、その」

京太郎(えっ告白?)

優希「…嫌いじゃないじぇ。だから、これからもよろしくな」

京太郎(違った。いやでも似たようなもんかな)

京太郎「……おう、こっちこそな」

京太郎(なんかね、一体。まあ、待つけど)

優希「おう! じゃあさっそく、タコスもってこいいぬー!」

京太郎「はいはい。…ったく」

優希(好き、の言葉は……いつかまた、本当に素直な気持ちになれたら伝えるじぇ)

優希「ちょっとだけ待ってろよ……京太郎」


カン!