京太郎「あ~~~~」

漫「あれ須賀君、お昼食べんの?」

京太郎「いや財布忘れて昼買えないんすよ 腹減った・・・」

漫「じゃ、じゃあうちの半分食べる? さっき友達とお菓子食べたからちょっと多くて・・・」

京太郎「是非!」

漫「と言ってもお好み焼きなんやけど」

京太郎「好物っすよ!いただきます!」

漫「ど、どうやろ・・・」

京太郎「うまっ! めちゃうまいっすよこれ! どこに売ってるんですこれ?」

漫「い、一応うちの手作り・・・家お好み焼き屋やから・・・」

京太郎「おお・・・先輩の手作り」

漫「そこ強調せんで!普通のと変わらへんから!」

京太郎「そうだ先輩!今度俺タコス作って来ますよ!長野に居た頃よく作ってたから自信ありますよ!」

漫「じゃ、じゃあうちもまた作って来るから交換せえへん?」

京太郎「はい!」

漫(だ、男子とお弁当交換・・・ なんかこ、恋人みたいで照れるわ・・・)

ーーーーー

洋榎「なんかムカつかへんか」

恭子「部にイチャイチャ禁止ってルール作りましょう。 適用は今からであの二人は破ったから罰で」

由子「賛成なのよー」

絹恵「そ、そこまでせんでも・・・」

カンッ