初美「京太郎は良い子ですねー」

京太郎「……なんです? いきなり」

初美「いつも頑張ってるの、みてますからねー」

京太郎「……? ……あっ!」

初美「えっ」ドキッ

京太郎「あんたまさか、冷蔵庫に置いてあった俺のプリン、食ったの!?」

初美「いいいいいえそそそそそんなまままままさかあははははは」

京太郎「食ったな! 食ったんだな!」

初美「べ、べ、別にあれですよー、たまたま私のお菓子がなくて、ちょっと目に入ったプリンが美味しそうだから味見しただけですよー」

京太郎「あんたふざけんなよ! 名前書いてあったろ俺の! なんで食うの!?」

初美「う、ううう」

京太郎「はっちゃんさあ、そういうとこあるよねー昔から! 自分のものは自分のもので、相手のものも自分のものーみたいな? ジャイアニズムっての?」

初美「う、うぐぐぐ」

初美「図体は昔のまんまでもちょっとは大人になったもんかと思ってたらこれだよ! はーやだやだ無駄に歳だけ食ってさこのロリ詐欺娘は!」

初美「ふぬー!」バキッ

京太郎「あべべ!」