「美穂子姉ちゃん!おれ絶対会いに行くから!!どんなに遠くに行っても必ず会いに行くから待ってて―――」

それは幼い時の記憶。近所に住んでいた年下の男の子との思い出…。その子は私の外見を恐れることもなくいつも後ろをついてきた。

「お姉ちゃん麻雀強いんだね!すごいや!!」

「これおねえちゃんが作ったの!?すごいおいしいよ!」

「お姉ちゃん!お姉ちゃん!」

華菜「……テン!キャプテン!!」

美穂子「……華菜?」

華菜「どうしたんですかキャプテン?ボーっとしちゃって」

美穂子「ごめんなさい。ちょっと考え事をね」

今頃になってあの時を思い出すなんて…。
ある日引っ越してしまったけど、今にも後にも仲の良かった男の子なんて彼だけだったわね。
幼いながらいろんなことをしたわね。将来の約束とかもしたり……。初恋…だったのかしら?
あの子は今どこで何をしてるのかしら…。元気でやっているならいいのだけど。

貴子「福路 !お前に客だ」

お客、上埜さんかしら。全国個人選手の資料を届けに来るって言ってたからそれかしら。

久「やっほー美穂子、来たわよ。言ってた資料を届けに来たわ。須賀君渡してあげて…須賀君?」

上埜さんと一緒に背の高い金髪の男の人が部室に入ってくる。前に上埜さんが言っていた清澄の男子部員かしら。
背の高い金髪の男の子。初めて会った筈なのにどこか見覚えがあって……。
持っていた資料を落としてそのまま私に近づいてきて―――

久「須賀君!?」

華菜「にゃぁ!?」

貴子「ほう?」

京太郎「会いたかった……っ!美穂子姉ちゃん!!」

突然抱きしめられた。そのことにも驚いたけれど私が驚いたのは違うところ……。

京太郎「ずっと会いたかった。あれからずっと探して…。少しでも美穂子姉ちゃんに近づこうと麻雀も始めて…」

美穂子「…京……君…?」

約束の男の子、京君が私のことを抱きしめていた。

京太郎「そうだよ、あの時の約束を果たしに来たんだ」

あんなに小さかった彼がこんなに大きくなって、約束も覚えていてくれて。こんなのずるいじゃない……。

京太郎「俺、美穂子姉ちゃんが好きです!俺と付き合ってくださ――っ!?」

美穂子「…ぷはっ。私も好きよ京君」

久しぶりに間近で見た彼の顔はとても驚いた顔をしていた。

カンッ!