~初夏のある日のこと~


ハギヨシ「失礼、須賀京太郎さんですね?」

京太郎「はい、そうですけど」

ハギヨシ「では、こちらの書類にサインをお願いします」

京太郎「あ、はいはい」

ハギヨシ「…」ワクワク

京太郎「…って、いきなりこんな怪しげな書類にサインするわけないでしょう!」

ハギヨシ「チッ」

京太郎「舌打ちしたよこの人!」

ハギヨシ「惜しかったですね」

京太郎「惜しくないですよ!つか何語ですかこれ?こんな字読めませんよ!」

ハギヨシ「地獄語です」

京太郎「は…?」

ハギヨシ「このセカイを守るために、あなたに協力して欲しいのです」

京太郎「あ、なんだ、変な人か」スタスタ

ハギヨシ「違います!」チョットマッテ!

---------

京太郎「駆け魂?」

ハギヨシ「左様でございます」

京太郎「というか、あなた何者?」

ハギヨシ「あくまで執事ですが、名は…長いのでハギヨシとでもお呼び下さい」

京太郎「で、駆け魂って?」

ハギヨシ「駆け魂とは、地獄から脱走した邪悪な悪魔の魂であり、人の心のスキマに入り込む性質があります」

ハギヨシ「そして、負の感情を糧として成長し、転生して身体を取り戻そうとしています」

ハギヨシ「それを阻止するためには、駆け魂を心のスキマから追い出し、捕える必要があります」

京太郎「説明台詞乙!で、俺に協力者になって欲しいと…」

ハギヨシ「その通りでございます」

京太郎「そんな世迷言…」

ハギヨシ「信じられませんか?」

京太郎「あんたが空を飛んだり透明になったりしてなければ、信じなかったでしょうね…」

ハギヨシ「話が早くて助かります」

京太郎「でも、俺には荷が重すぎます」

京太郎「…悪いけど、他を当たってください」

ハギヨシ「…」

京太郎「じゃ、失礼します」

ハギヨシ「…」



ハギヨシ「…宮永咲」



京太郎「…!」

ハギヨシ「知っていますね?」

京太郎「…」

ハギヨシ「先日、彼女の中に駆け魂を発見しました」

京太郎「…」

ハギヨシ「…」

京太郎「放っておいたら、どうなるんですか?」

ハギヨシ「駆け魂が成長し、ある程度まで成長すると宿主を乗っ取ってしまいます」

ハギヨシ「そうなると討伐隊が組まれ、宿主ごと捕獲する事になります」

ハギヨシ「端的に言うと」

ハギヨシ「宿主…宮永咲は」


ハギヨシ「死ぬことになります」


京太郎「…っ!」

ハギヨシ「…」

京太郎「…」

ハギヨシ「やっていただけるでしょうか?」

京太郎「…やるよ」

ハギヨシ「宜しいのですか?」

京太郎「やらないと、咲が死ぬんですよね?」

ハギヨシ「はい」

京太郎「なら、やるしかないじゃないですか」

ハギヨシ「良い返事をいただき、ありがとうございます」

京太郎「よく言うよ…」

ハギヨシ「では、契約を…っと、その前に一つ」

京太郎「なんですか?」

ハギヨシ「契約を達成できない場合、あるいは破棄しようとした場合」

ハギヨシ「契約不履行のペナルティにより、首が飛びます」

京太郎「えっ」

京太郎「それって、文字通りの意味で…?」

ハギヨシ「はい、端的に言うと死にます」

京太郎「…」

ハギヨシ「では、最終確認です。契約していただけますか?」

京太郎「そんな条件聞いたら、誰も受けないですよ」

ハギヨシ「そうですか…。まあ、誰にも責められは…」

京太郎「だから俺がやるしかないでしょう」

ハギヨシ「…!」

京太郎「友人の命がかかっている以上」

京太郎「投げ出す気も失敗する気もありませんよ」

ハギヨシ「…グッドです!」


---------

京太郎「この首輪が契約の証ってとこですか?」

ハギヨシ「はい、契約が達成されれば、首輪は外されますので」

京太郎(もう後戻りは出来ない…か)

京太郎「で、具体的には何をすれば?」

ハギヨシ「対象、宮永咲の心のスキマを埋めていただきたい」

京太郎「はぁ、とは言っても、あいつ別に悩んでる風には見えないんだけど…」

ハギヨシ「さあ?そういった感情の機微は、私には分かりませんので」

京太郎「とりあえず、暫く様子を見るしかないかな」

ハギヨシ「では、私は情報収集を行いますので」

京太郎「お願いします」

ハギヨシ「はい」

京太郎(とりあえず、今日は帰るか…)


---------

~須賀家~

京太郎「ただいまー」

京母「おかえりー」

ハギヨシ「お帰りなさいませ」


京太郎「」ズコー!


京太郎「…」

京太郎「…」チョイチョイ

ハギヨシ「???」

京太郎「ちょ、ちょっと!なんでハギヨシさんが居るの!」ヒソヒソ

ハギヨシ「協力者とは原則的に一緒に行動する必要がありまして」ヒソヒソ

京太郎「聞いて無いよ!」ヒソヒソ

ハギヨシ「ふふ、そうでしたっけ?」ヒソヒソ

京太郎「あのなぁ…」ヒソヒソ

京母「あら、内緒話?」

京太郎「いや、なんでもない…」

京母「ところで京太郎、あなた兄弟が居たのね」

京太郎「は?はぁっ?」

京母「生き別れの兄弟が居たなんて…」ウルウル

京太郎「いや、何言ってんの…?」

ハギヨシ「聞くも涙、語るも涙」ウルウル

京太郎「あんたも何言ってるの!」

京母「もー、冗談通じないんだから」

ハギヨシ「ですね」

京太郎(頭痛ぇ…)


京太郎「あー冗談だったんだなー。良かった良かったー…」

京母「そりゃそうよ、だって産んだ覚えなんてないもの」アハハ

京母「ていうか、その…兄弟ってアレでしょ…?」

京太郎「えっ」

京母「大丈夫よ?お母さんそういうのには理解があるほうだから…」ポッ

京太郎「いや、違っ…」

ハギヨシ「お義母様…」ポッ

京太郎「おいぃ?」

京父「京太郎、ほどほどにな…」ポッ

京太郎「うわぁぁぁ!父さんまで!」

京太郎(だめだこの家族…腐ってやがる…)


---------

~数日後~

ハギヨシ「京太郎、起きてください。遅刻しますよ」

京太郎「ん~…」

ハギヨシ「朝食、出来ていますよ」

京太郎「ふぁ~い…」

……

京太郎「おは~…」

京母「ハギヨシくんが来てくれて、お母さん助かっちゃうわ」

京父「この味噌汁も絶品だな!」←ステマ

ハギヨシ「ありがとうございます」

京太郎(なんで普通に馴染んでんだよ…)

京父「ははは、良いお嫁さんになれるぞ!」

ハギヨシ「お義父様…」ポッ

京太郎(もう、つっこむ気も起きない…)