大魔王に作り替えられる一ヶ月 健夜編

「一日目IH会場」


健夜「ん~?誰なのかな?えっ...私のファンなの?

うわぁ~嬉しいなぁ。見たところまだ学生さんかな?
えっ?まだ高校生なの?ふ~ん、君も好きだね~

ね?お名前は?へ~京太郎君っていうんだ~
これ、私の携帯電話番号だから好きなときにかけてね。

いいよいいよ。君はなんだか素直そうだし...
そうだ。京太郎君の電話番号も教えてよ...」


「五日目」


健夜「やっほ。京太郎君こんばんは~。

健夜だよ~。うん、この前会った本物。

お仕事で中々時間がとれなくて電話できなかったんだ
えっ?この前の試合長野から応援に来てくれたの?

うれしいなぁ~。すっごく嬉しいよ、京太郎君。
...あの試合、最後私のチーム負けちゃったんだけどな?

えっ?そんなことないって?
最後まで逆転勝利にこだわったつくばの方が勝者?

素人さんが知ったかぶりするのは良くないよ
でも、ありがとね。私達も次の試合頑張るから」



「六日目」


健夜「京太郎くーん。今お話しできるかな?え?無理なの?

うん、うん。ええっ?!じゃあ普段は雑用ばかりなの?
それで今日は男子部員だからって女子の練習のお手伝い?

いくらなんでもそれは...顧問の先生は何やってるの?
そっかぁ...名ばかり顧問で実験は部長が握っている、と

清澄高校ね...オーケー...名前、覚えたからね
あっ、じゃあ八月の最後の週末、茨城まで遊びにおいで

お金は私が出してあげるから。大丈夫、問題ないよ」


「九日目夜 駅」


健夜「あーっ。おーいこっちだよ~京太郎く~ん。

わぁ...やっぱりいつ見てもすっごいイケメンさんだね

えっ?天下の小鍛治プロに褒められるなんて光栄です?
もう、そんなに縮こまらないでよ。リラックスしよっ☆

これからどこに行くの?それはついてからのお楽しみ
大丈夫。損なんかぜーったいさせないから」



「十日目朝 健夜ハウス」


健夜「そうそう。難しく考える必要なんかないんだよ

最近は点数計算アプリとかがあるから、それを使えば良いの
分からないでネト麻なんかするからいつまでも初心者なの

あっ、ごめんね。そういうつもりで言ったんじゃないんだ
難しい?無理ですよ?君は私を誰だと思っているのかな?

大丈夫。無理なく平均的なラインまで私が押し上げるから
だから頑張ろうよ、京太郎君。皆を見返してやろう?」

「十日目夜 健夜ハウス」


健夜「ふ~。結構難しめなんだけどな、このドリル

私が隣で教えたとは言え、巻末の模擬テストで96点。
あれ?どうしてそんな顔してるの?

後一問で満点だった?こんなんじゃ仲間に追いつけない?
...ああ、そっか。これが君の弱さなのか。


今はまだ基礎固めの途中だよ?焦ることはないんだから。
焦りが成長を阻むんだよ。出来る事からマスターしよう

...そっか、君も辛かったんだね。一人だけ初心者だもん


ん?お腹減ったのかな?よーし、じゃあ出前でも取ろっか
お寿司?ラーメン?え、何、京太郎君が作ってくれるの?

じゃあじゃあ、一緒にお料理しようよ、ね?」


「十一日目 東京」


健夜「育成枠の女子アマとプロ相手によく頑張ったね。

えっ?健夜さんのおかげでやりたい事が見つかった?
鳴き速攻の三色&黙聴からの多面待ちね。そっかそっか

じゃあこれから夜までぶっ続けでそのスタイルを磨こうか
私もセコンドで入るから、しっかりやるんだよ?」



「十八日目」


健夜「京太郎君?

なに?何があったの?!どうしてそんなに泣いてるのかな?
ええっ?アマチュアの大会でベスト4?よく頑張ったね

うんうん。夏休みの特訓が活きたようで私も嬉しいよ
えっ?なに...それ

他のメンバーに、私のやり方を貶された?
火力が足りない?効率が悪い?上がるの遅すぎ?

大会終わった後に部室で打ち方を矯正させられた...?
待って!麻雀部辞めるってどういうことなのかな?

あんなに頑張ったのにどうしてそんなこと言えるの!!
待って、早まらないで京太郎君!」



「十九日目」


健夜「いたいた。えっ、どうして俺の家が分かったかって?

あんまり大人の力を舐めない方が良いよ
昨日からお父さんとお母さんは会社の出張中なんだよね

お仕事はどうしたのかって?ん~内緒
今は監督業がメインだからさ、ある程度余裕があるんだ

やっぱり昨日言ったように、本心は変わらないのかな?
...変わりません、か。悲しいなぁ...

ううん、そういう意味で言ったんじゃないんだ
君が苦しんでるのに助けられないのが悔しいんだ

どうしたのそんな驚いた顔して?
ええっ?!私に弟子入りしたい?なんでもしますから?

そっかぁ...麻雀が嫌いになったわけじゃないんだ
てっきり麻雀部辞めますっていったから...って、あれ?

なんだか安心したら、涙が...涙がこぼれて...


もう二度とこんな自分を傷つけるようなことしないで!
約束だよ。もうこういうことはしないで欲しいな?


うん。よろしい。じゃあ京太郎君は今日から私のパートナー
私が全責任を持って誰にも負けないように育てるからね!」




「二十三日目 清澄高校麻雀部部室」


健夜「初めましてだね。清澄の麻雀部の皆。

随分と私の京太郎君がお世話になってたみたいだけどさ、
京ちゃん?彼なら今頃長野から出て行っているはずだよ?

えーっと、タコスが大好きなのは優希ちゃんだったっけ?
咲ちゃんと和ちゃんにも京太郎君から言伝を預かっててさ

お前等と打つ麻雀は楽しくないんだ。だってさ
格下相手にストレス解消で全力ぶつけるのは楽しかった?

ああ、そんな泣きそうな顔しても無駄だよ竹井さん。
部員が一人でもあぶれないようにするのが部長の役目。

そうして全部が終わってしまった後に罪悪感を感じるなら
とっとと辞めさせて転部させるべきだった。違うかな?

話戻すけど、今日ここに私が来たのは憂いを絶つ為。
後で茶々入れられるのもウザいし、ここで芽を摘むから

ん~?何寝ぼけたことを言ってるのかな、優希ちゃん。
時間は三ヶ月もあった。それだけあれば十分だよね?

京太郎君は私のパートナーになったの。だから返さない。
貴女達の勝敗に拘らず京太郎は二度と清澄には戻らない。

お互い話は十分したよね。じゃ、最後の試合やろうか?
目ん玉引ん剥いて、世界王者との対局楽しもう?ね?

特別に赤土さんとの試合の半分以下の力でやってあげる
でも、気をつけた方が良いよ。私の力は凄く凶悪だから。


私に点を取られる度、相手の力を奪うのが私の力。
そして私に負けた時点でその力は永遠に失われる。

大丈夫。負けても麻雀が出来なくなるわけじゃないよ?
皆と同じように勝って負けて一喜一憂するのに戻るだけ

ふふっ。なに言ってるの?これが麻雀じゃないの?
さぁ、今年の優勝校の力...この私に見せてほしいな?」




「二十五日目」


健夜「ふぁ~あ、八時か...

って、ああーっ!!なんで起きてるの~?
えっ、住み込みの弟子ならこれくらいしないと?

そんなことされたら私の生活リズムが狂っちゃうよ~
じゃあ、かわりばんこに家事とかやろっか?

ん~京君の朝ご飯はおいしーねー。元気出てきたよ~
お母さんのご飯よりおいしいな...////


新しい高校には麻雀部ないけど、君は部活なにするの?


へぇ~水泳部かぁ...ダメです。許しません。
京君はイケメンだから他の女に奪われる危険があります

私的には囲碁部とかそういう地味系なのがいいな
そっか、ハンドボールをまた始めるんだね...

肩を痛めないようにするんだよ?あっ、もう時間だ
じゃ、行ってきまーす」




「二十七日目」


健夜「ん~何してるのかって?次のお仕事の準備だよ~。

それに...可愛い弟子を一人前に育てる使命があるんだもん。
後進を育てるのも先達の役目だからね。

さ、今日は能力者と対局を想定した勉強をするからね。
オカルト最強とか騒がれてるけど、大丈夫、怖くないから

強くなるには格上を倒して自信をつけるのが一番の早道。
じゃ、まず最初にこのDVDを見てみよっか」


.........


健夜「ね?いかにオカルト頼りの麻雀が脆いか分かるでしょ?

東場に強い?連荘でもそれが持続しなければ無意味だし
そこから南場で失速して三家和で-32000点じゃ世話ないよね

効率を重視するばかりで人を見ないデジタル麻雀もダメ
あそこまでオカルトを否定するタイプも珍しいけどさ

そんなだからあっけなく自分のスタイルを壊されるんだよ
清澄で一番弱いのはあの子じゃないかな?

永水女子の試合を見たから楽~に対策立てられたよ。
どうやったかって?簡単な話、煽って自滅させたんだ。

リーチの後に仲間からロンされてムキになっての繰り返し
最後のバカ混ザンクの裸単騎で放銃は見物だったな。

ね?能力に追随しない打ち方なんか簡単に崩せるんだ。
逆に初心者の方がなにするか分からない分怖いんだよね。


ま、おかげで私も簡単にトップを守り続けられたけど」


健夜「悪待ちちゃんは論外だったね。
同じやり方で槍槓国士ぶち当てたら泣いちゃったよ。

確率の悪い待ちで和了しやすいなんてそんなのないない。
高校生の時点でそんな変な持論を振りかざすなんて笑止。

未来視できるなら話が別だけど...まぁしょうがないよね
ハッタリだけの張り子の虎が本物に勝てるわけないし。


一番期待外れだったのが宮永さんだったかな。
勝てないと分かって仲間を見捨てて逃げてったよ


ん?私の方がよっぽどオカルトだって?
なに言ってるのかな?京太郎君、これが私の実力だよ?

普通に頭を使ってうまく立ち回ってトップを取る。
麻雀の原点にして、オーソドックスなスタイルじゃん


咏ちゃんや世界王者は化け物だから少し手こずるけど
自分の力すらを使いこなせない雑魚なんか一ひねりだよ?


え?健夜さんってこんなに怖い人だったっけ?
なに言ってるの?君も私と同じステージに立つんだからね?


相手を叩き潰して、自分だけが玉座に座る覇道の道。
君が望んだ麻雀ってそういう麻雀でしょ?


考える時間をください?うん。いいよ。
生半可な覚悟の奴に私も自分の技を教える気ないからね」



「二十九日目 東京」


健夜「おや~。今日は豪華なゲストさんが一杯来てるね~


宮永照、ネリー・ヴィルサラーゼ、辻垣内智葉...かぁ。
この面子だと、流石の私も手こずりそうかなぁ...

おーい、京太郎く~ん。お客さんだよ~
咲ちゃんね、私に勝ったら京ちゃんを返して下さいだってさ

丁度タイムリミットだし、答えを聞かせてよ
.......ハハハ、アハハハハハハ!!


お前を倒す!±0なんて怖くない!これが俺の答えだ!
流石だよ京太郎君!それでこそ私が選んだパートナーだよ!


じゃあ、試合しよっか!
丁度いい相手もいるし、私の教えたとおりに打ってみて。


京太郎は咲ちゃんを、私は照ちゃんを倒すとしましょう。
私もチャンピオンと一回やってみたかったんだ~


あーあ、一度は見逃してあげたのになぁ...凄く残念だよ。
姉妹揃ってもう二度と麻雀できないようにしてあげるから


顔が青いよチャンピオン。鏡に映った私にビビってるの?
遅い、もう逃がす気はないからね。


さぁ...楽しい楽しい麻雀を始めよっか...」



「三十日目」


健夜「疲れた~。まさか半日も食い下がられるとはね...


でも、今日の対局は京太郎君にとって大収穫だったでしょ?
なんて言ったって一番のライバルを倒したんだからね。


三対一の構図で何度も突き放されてはその度に食らいついて
最終的にネリーちゃんの運を強引に奪うまで成長したんだから

ネリーちゃんもこれから世界戦では苦労すると思うよ
もう場の運の流れが読めないほど弱くなっちゃったし

なんか罪悪感を感じる?あー気にしちゃダメだよ。
これがプロの世界の厳しい現実、敗者は全てを失うの

ね?今自分の中に凄く溢れ出る力の流れを感じる?
それがオカルトの源泉、豪運と自信だよ。

この二つを自分なりにアレンジしたのがオカルト。
京太郎君は、これからもっともっと強くなっていくからね

勝利して、相手から奪った力が自分の中にあるでしょ?
直に嶺上開花も、運の波も調節できるようになるよ

ただ、オカルト抜きの素の実力はまだ伴ってないね。
どうする?京太郎君はもっと強くなりたいかな?

そっか...日本一になりたいんだね。分かったよ

そういうことならまた転校しようか、私の母校に
そんなに強くないけど、男子麻雀部はちゃんとあるからね


高校は卒業できる程度に行けば良い。
これからほぼ毎日、私のチームで君を鍛えるから。


え?自分より弱い相手と打ち合って何か得るものあるの?
それならはやりちゃんとか咏ちゃんと打った方が良くない?

あー、そっか...ゴメンね。無神経すぎた。
京太郎君が欲しかった環境を危うく私が潰す所だったよ


じゃあ、まず手始めに来年のIH個人戦に初出場初優勝だね
え?団体戦も全国に行くって?いいじゃん、凄くいい顔だよ


プロの道が見えてきたよ、京太郎君。
君の未来を阻む邪魔者は全部潰したし、これで未来が開けたね」



「○○日目」


健夜「遂にここまで来たんだね。おめでとう京太郎君

並み居る敵を打ち倒し、名実ともに世界王者に上り詰めたんだ
多分これから先、君を超えるプロはもう現れないでしょう。

今ね、世間で君がなんて呼ばれているか知ってる?
小鍛治健夜の後継者だってさ。私としては嬉しいんだけど...

そうだよね。もう君は私を超えようとしているんだよね...
今まで楽しかったよ。私もこれ以上ないほど麻雀を楽しめた。

え?これを...健夜さんに?なにかな、言いたいことって?
もう貴女は俺のモノです、絶対に逃がしたりしない?

?!こ、これって...結婚指輪、なのかな...?
プロポーズなんて...嬉しいに決まってるじゃない!

って、こーこちゃん?!なにビデオカメラ回してるの!
ちょっ、ライブ中継?聞いてないよ~~
えっと...本当に私で良いのかな?
だってはやりちゃんとか良子ちゃんのほうがいい女性だよ?

貴女が俺を導いてくれたから、俺はここまで来れた。
今度は俺が貴女を導く番です...かぁ

あの京太郎君が、ここまで成長したんだね...いいよ
こんな私で良かったら...末永くよろしくお願いします」

カン