咲「暑いよぉ…」

京太郎「残暑厳しいなあ…ほれ、水分ちゃんと取れよ」

咲「うえ、飲みかけ! もう、デリカシーないよ京ちゃん!」

京太郎「今更だろーがお前! 中学の時あんだけ人の飲みかけパクっといて!」

咲「ち、中学の頃の話持ち出さないでよ! あの頃はそう、子どもだったんだからいいの! 私たちももう高校生なんだからね!」

京太郎「何言ってんだちんちくりんが。その胸どうにかしてから主張しろよ」

咲「あー! 言っちゃいけないこと言ったよ京ちゃん! 私も怒るよ!」

京太郎「ほー、怒ったからどうだってんですかねー」

咲「卓に着きなよ! 一時間で2度も3度もトばしてあげる!!」

京太郎「誰がやるかおっかねえこと言いやがる!」

咲「ふーん! 逃げるんだー! なっさけなーい!」

京太郎「トーシロ掴まえてトばす気満々の魔王様には言われたくありましぇーん!」

咲「なにをー!」

京太郎「なんだー!」



久「暑苦しいー……」

まこ「バカップルじゃのう……」

和「見てるだけでこっちの意識がトびそうですよ」

優希「せめて部室の外でやって欲しいじぇ……」

カン!