久「うーん……ねぇ、紅茶の葉どこやったけ?」

まこ「すまん、トルティーヤ焼くの失敗した」

優希「むぅ……流石に先輩が作ったものに文句は言えんじょ……」

咲「うう……京ちゃん……」

和「煩わしいとおもっていた私がバカでした……」

久「本当に、この部室……こんなに広かったのね……」

咲「京ちゃ~ん……」

まこ「いや、家庭の都合で三日ほど休んどるだけじゃろ」

カン