和「はあ」

京太郎「ため息なんてついてどうしたんだ?」

和「須賀くん……いえ、何でもありませんよ」

京太郎「嘘つけ、如何にも困ってますって顔してるぞ。俺でよければ相談に乗るけど?」

和(話しても良いんでしょうか……)

京太郎「俺じゃあちょっと話しにくい内容なら優希や咲にでも言ってみた方が楽になるんじゃないか?」

和「そうですね。私では良い解決策が思い浮かびませんし、須賀くん聞いてもらえますか?」

京太郎「おう」

和「実はモテ過ぎて困ってます」

京太郎「ん? ……はっ!?」

和「インターハイで優勝した後、以前よりもたくさんの男性から告白されるようになって困ってるんです」

京太郎「…………」

和「告白されることは嫌ではないんですが、中には強引に迫ってくる方や、断ってもぐいぐい来るくどい人とか、ストーカーみたいな人までいてですね……」

京太郎(まあ、和は美少女だし、おもちも凄いからモテるよな)

和「もう疲れました……どうすれば良いと思いますか?」

京太郎「う~ん、和に恋人が出来れば流石に諦めると思うけど?」

和「恋人ですか……」

京太郎「好きな人とかいないのか? 和みたいな可愛い女の子が想いを伝えれば、殆どの男子なら首を縦に振ると思うけどな」

和「好きな人はいませんよ」

京太郎「マジか、告白してきた奴らの中には格好良い男とか、少し良いなって思うような人は?」

和「友人たちの中で噂になっているような先輩とかもいましたけど、全く惹かれませんでしたね」

京太郎「……ぶっちゃけ、和って今まで好きになった人っているのか? 将来の夢がお嫁さんってのは聞いたことあるけどさ」

和「……あっ! 思い返してみると付き合いたいって感じたことが一度もないです」

京太郎「……夢見る乙女?」

和「うるさいですよ! 別に恋をしたことがなくても憧れたって良いじゃないですか!! そう言う須賀くんはどうなんですか!?」

京太郎「流石に俺は好きな人は何人かいたぞ」

和「へ、へえー」

和(やっぱり幼馴染みの咲さん何でしょうか? 須賀くんの口振りだと一人じゃないみたいですし、浮気性なんですかね?)

京太郎「話がずれたな」

和「ええ、それで恋人を作る以外で何か解決策はありますか?」

京太郎「そうだな……うん、俺と付き合うとか?」

和「は? はああああっ!?」

和(そ、それって須賀くんの好きな人は私って意味ですか? 色んな片に告白されて来ましたけど、こんなに身近な方からは……確かに彼はルックスは良いですし、性格も……好きかと問われると……)

和「ごめんなさい、須賀くんはとても良い人ですが、付き合いたいと思ったこともありませんし、これからも良いお友達としての関係で「おい!」」

京太郎「言葉足らずで勘違いさせたのは悪いけど、別に本当に付き合おうって意味じゃないぞ」

和「はい? えっと、それじゃあどういう意味で?」

京太郎「彼氏がいる女子に迫る男は少ないからな、偽の恋人役として俺が演じってみせようかって提案だったんだ」

和「な、なるほど」

京太郎「それでどうする? 俺には他の案は浮かばないし、和が俺で嫌なら友人に頼んでみたりもするけど?」

和「私は対案なんて持っていませんし、殆ど知らない男性にお願いするより須賀くんが相手の方が心おきなきなく接せられます、お願いしても良いですか?」

京太郎「まかしとけよ」

和「はい。偽の恋人と言うことは付き合っている降りをしないといけませんよね……どう振る舞えば良いんでしょうか?」

京太郎「そうだな、人目に付くようにデートするとか?」

和「確かに私たちが交際していると周りに勘違いさせないといけませんからね」

京太郎「後は距離を縮めないとダメだろうな」

和「カップルの方たちって親密ですもんね」

京太郎「腕を組むまではいかなくても、手ぐらいは繋いで歩いた方が良いな」

和「キスとかはしませんよ須賀くん」

京太郎「分かってるって、後、名字じゃなくて名前で呼ばないと怪しまれるんじゃないか」

和「分かりました……京太郎くん」

和(改まって名前で呼ぶと少し気恥ずかしいですね)

京太郎「お、おう。まあ、よろしくな和」

和「ええ、こちらこそお願いします」


 彼とのニセコイはこうして始まったのですが、この時の私は想像もしていませんでした。
 嘘っぱちの関係を切っ掛けに部活の仲間や友人、知人を巻き込む騒がしい日常の幕開けになるなど夢にも思わなかったのです--


カンッ!