咲「お姉ちゃん。...太ったんじゃない?」

照「ぎくっ」

咲「私言ったよね?二週間お菓子を我慢しようって」

咲「来週の雑誌の撮影終わったら食べ放題に連れて行くって」

照「お菓子には...勝てなかったよ」

咲「そんなプヨプヨのお腹で?ん~?誰を誘惑するのかな?」 

照「お、お願い咲。一週間で体重落とす方法教えて」 

咲「人の組んだ段取りを無視する姉なんて知りません」

咲「ま、お姉ちゃんには良い薬だよ」

咲「一週間後の雑誌のグラビア撮影で恥をかくんだね」ガチャッ

照「ど、どうしよう?この、お...お腹のお肉」

照「そうだ!こんな時は困ったときの京太郎!」

京太郎「で?咲の忠告無視して5kgも太った訳ですか」

照「おっぱいが悪い。あれだけ食べたのに全然おっきくならない」

照「でもお願いします。私を助けて下さい」

京太郎「一週間後の撮影で反省したら次からはちゃんと...」

照「ううっ...ぐすっ...もうやだこの後輩」

京太郎「はぁ...分かりましたよ。お手伝いしますよ」

照「ふぁい...」

京太郎「最初は腕立て伏せから始めましょうか」

照「鬼!悪魔!」

京太郎「じゃあ俺は床に寝そべりますから」

照「え?」

照(そう言うなり京ちゃんはシャツを脱いで上半身裸になった)

照(マットレスの上に乗っかったその裸は筋肉質で...)

照(思わず生唾を飲むほど魅力的な輝きと臭いを放っていた)

京太郎「俺の脇の横に手を置いて...そうそう、そこです」

京太郎「まずは3回を目処に身体を上げ下げしましょう」

照「い~ち、に~、さんっ!ぷはぁあっ!も、もうダメ...」

京太郎「出来たじゃないですか。じゃあ次は五回ですね」

照「無理だよ...もう疲れた」

京太郎「ちなみに全部出来たらご褒美を上げます」

照「ご褒美?」

京太郎「さぁ制限時間は30秒!初めっ!!」

照(京ちゃんに急かされ、私はまた腕立てを始めた)

照(なんとか五回出来たけど、腕の筋肉が限界を迎えた)

照(結果、支えを失った身体は...)

照(京ちゃんに抱きしめられていた)

京太郎「よーしよし...良くやったな照、良い子だぞ」

照(ふぉおおおおおおおおおお!!!)

京太郎「ね?頑張れば頑張った分、ご褒美あげますからね」

京太郎「気分によって変わりますけど、充分でしょう?」

照「うん!うんっ!」

京太郎「じゃあ次は、腹筋をやりましょうか」

照「これ、CMでやってたワンダーコ○だよね?」

京太郎「そうですよ。これなら初心者でも腹筋できますから」

照(一番軽い負荷に設定した後、私はまた腹筋を始めた)

京太郎「7、8、9...十回まであと少し、頑張れ!」

京太郎「47、48、49...凄いぞ!50回を超えたっ!」

照(無我夢中になりながら私は腹筋を続けた)

照(腰とお腹が悲鳴を上げても、ひたすら私は続けた)

照(そして、73回を迎えたとき、それは起った)

照(反動で起き上がった私の顔の、その目の前には)

照(京太郎の唇が、キスをするのに丁度良い位置にあった)

照(無防備な彼の唇めがけて、私は身体を起こす)

京太郎「71、72、ななじゅうさ...んむぐっ」

照「ごほーびも~らい」

京太郎「反則ですよ、照さん。ルール違反です」

京太郎「ご褒美は俺が決めるんですよ?」

照「わざとやったくせに、京ちゃんのいじわる策士」

照「彼氏とキスできる距離にいたら誰だってそうする」

照「キスで私を釣ろうなんて10年早い」

京太郎「なんのことですかね?」

京太郎「ま、今日はこれで終わりにしましょう」

京太郎「明日もまたやりますから、ストレッチ忘れずに」

照「はーい」


 この後、京太郎との秘密のトレーニングが咲ちゃんにばれて

プロも巻き込んだ大騒動になるのはまた別のお話。カン