澄子「……もういっぱいください」ヒック

京太郎「いや、あの……澄子さん? さっきももう一杯だけって言ってたじゃないですか」

澄子「一杯じゃなくて、いっぱいと言ったんです」

京太郎「ダメだ、完全に酔っ払ってる」

澄子「わらひはよってまへん!」

京太郎「酔っぱらいは皆そう言うんですよ」


澄子「須賀君も、須賀君もばかにしているんでしょぅ!?」バンバン

京太郎「こわい。なんですか急に」

澄子「わはひの苗字わぁ! 佐藤じゃなくて依藤です!」

澄子「……みんなして佐藤佐藤ってばかにしてぇ」ヒック

京太郎「してませんよ、被害妄想ですよ」


京太郎「くそぅ……お固い澄子さんを酒で酔わしてガードを緩くする作戦が……」ブツブツ

澄子「須賀くん! 聞いてまふか!?」バンバン


京太郎「聞いてますよー」

澄子「うそでしゅ! どうしぇてきとうに相槌打ってるだけなんだぁ」ワッ

京太郎「こ、今度は泣き上戸ですか……落ち着いてください」

京太郎「……あの、苗字でいじられるなら変えるのはどうですか?」

京太郎「例えば、須賀澄子……とか」

澄子「はへ? なんですか、にゃにかいいまひたか?」

京太郎「……なんでもないです……うおっ!」バタン

澄子「えへへ……うそつきの須賀きゅんは押し倒してあげます」

澄子「決まり手、押し倒し……か~ら~の~」

京太郎「んっ……」

澄子「…………」

京太郎「ぷはっ……す、澄子さん?」

澄子「……須賀君は私だけのモノですからね……」






京太郎「――ということがあったので、いまのはファーストキスじゃないです」

澄子「……う、うそ……嘘ですよね? いつもみたいにからかっているんですよね?」オロオロ

澄子「押し倒して……き、キスなんて……そんなはしたないこと……」マッサオ

京太郎「……お酒飲むのは二人きりの時だけにしましょうね?」