龍門渕

京太郎(天江さんの誕生日パーティにお呼ばれしたけど…)

京太郎「本当に良かったんですか?選手じゃないオレまで呼ばれちゃって」

ハギヨシ「構いませんよ。透華お嬢様を始め、大歓迎ですので」

ハギヨシ「透華お嬢様は、あなたのことが大好…」

透過「ハ、ハギヨシ!下がりなさい!」

ハギヨシ「」シュッ

京太郎(き、消えた…相変わらず凄い人だなハギヨシさん…)

透華「あなたは衣のお気に入り、いや超お気に入りなのですわ!」

透華「それに龍門渕は選手じゃないからという理由で省いたりなんかしません」



久「へっくしゅん!」

久(誰か私の悪口いってるのかしら…なんか勘違いしてそうね)

久(はー須賀君とデートしたいわ)



透華「そ、それに…わたくしも須賀さんにお会いしたかったので…」モジモジ

京太郎「…?すいません最後の方がよく聞こえなかったんですが」

透華「っ!と、とにかく!」

透華「楽しんでいってくださいまし。一緒に麻雀の様子でも観ましょう」

智紀「…」トンッ

優希「…」キラーン!

優希「リーチだじぇ!」

和「ロン。8000です」

優希「じぇじぇっ!?またやってしまったじぇ…」

龍門渕

京太郎(天江さんの誕生日パーティにお呼ばれしたけど…)

京太郎「本当に良かったんですか?選手じゃないオレまで呼ばれちゃって」

ハギヨシ「構いませんよ。透華お嬢様を始め、大歓迎ですので」

ハギヨシ「透華お嬢様は、あなたのことが大好…」

透華「ハ、ハギヨシ!下がりなさい!」

ハギヨシ「」シュッ

京太郎(き、消えた…相変わらず凄い人だなハギヨシさん…)

透華「あなたは衣のお気に入り、いや超お気に入りなのですわ!」

透華「それに龍門渕は選手じゃないからという理由で省いたりなんかしません」



久「へっくしゅん!」

久(誰か私の悪口いってるのかしら…なんか勘違いしてそうね)

久(はー須賀君とデートしたいわ)



透華「そ、それに…わたくしも須賀さんにお会いしたかったので…」モジモジ

京太郎「…?すいません最後の方がよく聞こえなかったんですが」

透華「っ!と、とにかく!」

透華「楽しんでいってくださいまし。一緒に麻雀の様子でも観ましょう」

智紀「…」トンッ

優希「…」キラーン!

優希「リーチだじぇ!」

和「ロン。8000です」

優希「じぇじぇっ!?またやってしまったじぇ…」

純「お前本当に南場は調子悪いな…」

優希「返す言葉も無いじぇ…」

智紀「手厳しい」

透華「あっちの卓は原村和が一位で終了…相変わらずののどっちですわね」

透華「…一方でこっちの卓は…」

咲「カン!カン!もいっこカン!ツモ!」

衣「昏鐘鳴の音が聞こえるか?ツモ!海底撈月!」

一「」

咲「カン!カン!カン!」

衣「海底!海底!海底!」

まこ「」

透華「なんというか…一方的ですのね」

衣「海底撈月、これで終演(終焉)だ」

咲「うーん…流石だね衣ちゃん…」

一「な…何も言葉が出ないよ…」

まこ「なんというか…ドンマイじゃな。わしもじゃが」

衣「きょうたろー!勝ったぞ!」

京太郎「凄いっすねえ天江さん、咲に勝つなんて」

衣「む。前にも言ったはずだぞきょうたろー。衣だ」

衣「あと敬語もやめてくれ」

京太郎「そっか、すまん。衣、流石だな!」

衣「うん!きょうたろー頭撫でてくれ!」

京太郎「オレなんかで良ければな」ヨシヨシ

衣「えへへ…」

咲「む…」

透華「さあ!これで麻雀もお開きですわ!パーティーの第二部といきましょう!」



透華「では改めて…」

透華「衣、誕生日おめでとうですわ!」

その他大勢「「「おめでとう(ございます)(だじぇ)!」」」

衣「うう…衣は非常に嬉しいぞ!!」

衣「プレゼントもたくさん貰って本当に良い誕生日だった…」

衣「ありがとう!」ニコッ

ハギヨシ「よかったですねお嬢様」

透華「ええ。持つべきものは友人ですわね。衣がとても嬉しそうですわ」

透華「ハギヨシ、今日は色々とお疲れ様でしたわ。
   あなたも早めに寝るんですわよ」

ハギヨシ「承知しました」シュッ

透華「さて…もう時間も遅くなりましたね」

透華「清澄の皆さんは泊まっていってくださいな。
   皆さんの部屋は用意していますから、使って下さいまし」

京太郎「やっぱり龍門渕はスケールが違うな…」

衣「きょうたろー…お願いがある」

京太郎「衣?どうした?」

衣「…衣と一緒に寝てほしい」ヒソヒソ

京太郎「…!いやでもそれはだな…」

衣「京太郎と一緒にいると凄く安心するんだ。寝るまで一緒にいたいんだ」

京太郎「そういってくれるのは嬉しいけどよ…」

衣「ふふん。きょうたろー、今日は衣の誕生日だ」

衣「衣の言うことは絶対だぞ!」

京太郎(ま、真っ直ぐな目だな…まあ蔑ろにしちゃいけないか)

京太郎(衣がこんなに言ってくれてるんだしな)

京太郎「わかったよ。でも他の人には内緒だな」

衣「あ、ありがとう!今日は本当に寝るまで幸せな日だ」

京太郎(明日は早く起きなきゃな…)




透華「…」コソコソ

ハギヨシ「お嬢様、こんな遅くにどうされましたか?」

透華「ハ、ハギヨシ!ね、寝れないのでウロウロしていただけですわよ!」

ハギヨシ「そうでしたか。でもなぜわざわざ私の部屋のそばまでいらしたのですか?」

ハギヨシ「そういえば私の部屋の隣は
     今夜は須賀君が 透華「あー!急に眠くなってきましたわ!」」

透華「あなたもいいから寝るのですハギヨシ!では!」タッタッタッ…

ハギヨシ「やれやれ」

ハギヨシ(須賀君は今部屋にいないということは黙っておきましょうかね)シュッ

咲「…」トコトコ

咲(さてと…京ちゃんと一緒に寝るチャンスだね)

咲(こうやって同じ屋根の下にいるんだもん。行くしかないよ)

咲「おじゃましまーす」

咲「ってあれ?京ちゃんがいない…」

咲(仕方ない戻ろう…)

咲(あれ?私どういう風にここに来たんだっけ…?)


京太郎「やけに広いベッドだな」

衣「まったくだ。一人で寝るには退屈するほどにな」

京太郎「そろそろ寝るか…」

衣「そうだな。きょうたろー。夜遅くまで話し相手になってくれてありがとう」

京太郎「いつでも言ってくれよ。オレなんかが衣の手助けになるんならな」

衣「うん…」

京太郎「じゃあおやすみ」

衣「おやすみ」

京太郎「…」

衣「…」

衣「きょうたろーもう寝たか?」

京太郎「…」グーグー

衣「寝たんだな」

衣(須賀京太郎。まったく不思議なやつだ)

衣(出会った当初は認識すらもほとんどしなかったというのに)

衣(時々会うたびに魅力的な部分を次々に出して来る)

衣(気付けばあっという間に惚れていた。恋を自覚したんだ)

衣(隣にきょうたろーがいるだけで、衣の心臓は爆発しそうだ)

衣「だから誕生日ぐらいは…最後まで衣と一緒にいてくれ…」ギュッ

衣「きょうたろー…好きだ」




京太郎「ん…朝か。さてと顔を洗いにでも…ん?」

衣「きょうたろー…」ギュッ

京太郎「そっか衣と一緒に寝たんだっけか」

衣(実は起きているんだけどな)ギュゥゥッ

京太郎「無理に剥がすわけにもいかねえしなあ…」

ガララッ

透華「衣!朝ですわよ!早起きは三文の徳!早く起きて…」

透華「って須賀さんんんううううう!?」

京太郎「りゅ…龍門渕さんおはようございます…」

衣(と、とーかが来たのか…)

透華「なんであなたがここにいるんですの!?それに衣と同じベッドに…」

透華「はっ!?まさか!あなた衣にあんなことやこんなことを!」

京太郎「いやいや!誤解ですって!」

京太郎「実はかくかくしかじかで」

透華「なるほどですわ…でもあなたが衣と一緒に寝たのは事実」

透華「いいですか?須賀さん、よく聞くんですわよ」

京太郎「…」ゴクリ

衣(なにか京太郎に罰を与えるつもりか…?)

衣(衣のせいで京太郎に迷惑を…?)

透華「わ、私の誕生日もあと5日足らずで来るんですの…///」モジモジ

透華「だからその時は私とも一緒に寝ることを約束しなさい!」

衣(な、なんだと…)

京太郎「ええ!?そんな無茶苦茶な」

透華「返事は!?」

京太郎「は、はいいい!!」

衣(とーかも…まさかきょうたろーのことを)

透華(衣、私だってあなたと同じ気持ちなんです)

透華(負けませんわよ、この戦いだけは)

カンッ