照「……私は大学にはいかない。卒業したらプロになるから」

淡「……」

京太郎「……」

照「だから受験には関わりないし、だからまあ、夏の間は他の人よりも暇だった」

淡「……うん」

照「……もっと、早くに言ってほしかったなあ」

京太郎「……うす」

照「二人ともやればできるんだから大丈夫だって、私は信じてた」

淡「……はい」

照「……ふう。……流石に困るよ」

京太郎「……すんませんっす」

夏休みの宿題「やあ」





照「ロスタイム迎えて一つも手を付けてないとか……」

淡「……あう」

京太郎「……ふー……」

照「一応さあ……勉強あっての部活動だからね? 建前だけでもきっちりしないと……」

京太郎「仰る通りで……」

淡「返すことばもなく……」

照「……どーしよー……」

カン!