京太郎「咲の部屋も久々だなー」

咲「あ、あんまりジロジロ見ないでよね。デリカシー無いんだからね」

京太郎「悪い悪い」

咲「もう。……とにかく、始めよっか」

京太郎「おう。よろしくな、せんせー」

咲「……ふふ」

京太郎「なんだあ? 急に」

咲「ううん、ごめん。なんか、楽しくって。京ちゃんに麻雀を教える日が来るなんてーって」

京太郎「俺もまさか、咲にモノを教わる日がくるなんてなあーって。不覚、マジ不覚」

咲「むっ。ぽんこつ扱いは許しません!」

京太郎「ははは、悪い悪い。……さて、そんじゃ頼むよ、咲」

咲「うん、まかせて」

咲(あの日、手を差しのべてくれたあなた)

咲(その日から、ずっと私の憧れるヒーロー)

咲(そんなあなたが、困り果てたように、私を頼ってくれた!)

咲(大丈夫。きっと全てを教えてあげるから)

咲(弱いだなんて誰にも言わせない)

咲(あなたをそんな風に言う人は、どこにいようが誰であろうが許さない。認めない!)

咲(だから……これからもよろしくね、京ちゃん)

カン!