京太郎「はぁ…全く部長たちも、その命令にほいほい従ってる俺も…なにやってんだか」(女装中)

京太郎「ホテルも追い出されちゃったし適当に時間つぶすか……ん?」

小蒔「――それでですね。その後初美ちゃんが……」

初美「うわぁぁぁぁ!?姫様!?それ秘密って言ったですよー!」

霞「あらあら、全く初美ちゃんったら」

京太郎「あのマーヴェラスでグレートなおもちをお持ちの巫女様は明日の対戦相手の永水女子!早速接触するか?いや、ここは少し様子見を…」

初美「まったく…。姫様酷いですよー。こうなったらこっちも姫様の秘密をばらすしか…」

小蒔「ふぇぇ!?」

霞「小蒔ちゃんの秘密ねぇ…何かしら?」

初美「えっとですね…」

小蒔「だめです!話しちゃダメですよ初美ちゃん!」ブンッ

初美「捕まらないのですよー。鬼さんこちら手の鳴る方へですー」

霞「ちょっと初美ちゃん!走るのはいいけどちゃんと前見て走りなさい」

初美「大丈夫なのですよーっとわわわ!?」

京太郎「ん?」ジュースカタテ

ドン…ッ!!


京太郎「っと…だ、大丈夫ですか?」

初美「いたたた…大丈夫なのですよー」

小蒔「初美ちゃん大丈夫ですか!」タタタタッ

初美「へーきですよー」

霞「すいません。うちの初美ちゃんが…。お怪我はありませんか?」チラッ

京太郎「受け止めたんで全然平気です」

霞「いえ…お召し物が汚れてしまっていますね。本当に申し訳ありません」ペッコリン

初美「ごめんなさいですよー」ペッコリン

京太郎「いえいえ!お怪我が無くって良かったです。それにちょっとジュースがこぼれただけですから」

小蒔「それはいけません!私たちのホテルが近いからそこで洗濯いたしましょう」

霞「それがいいですね。さっこっちです」ムギュッ

京太郎「……っ!?」スバラッ!

霞「………」ニヤリ 

小蒔「須賀京子さんというのですか。素敵な名前ですね!」ムギュムギュッ

京太郎「いやー、えへへー」ニヤケ

初美「年下だったのですかー…。それにしては京子は随分と背が高いですねー」ツルーン

京太郎「う、運動ばかりしていたのでそのせいでしょうか」アセアセ

小蒔「運動ですかぁ。背が高くて運動もできるなんてかっこいいですね!」キラキラッ

霞「着きましたわ『須賀さん』。こちらが私たちが泊まっている部屋です」ガチャリ

京太郎「おぉ……」

巴「霞さん!」

春「………」ポリポリ

霞「あら、巴ちゃんに春ちゃん」

巴「この人がさっき電話で言っていた?」

霞「えぇそうよ、大事なお客様よ。大事な……ね」ニッコリ

巴「この度はうちの初美ちゃんがご迷惑を…」

京太郎「いえ、全然平気ですよ。私こそ余所見をしていましたから」

霞「…それでは須賀さんはこちらの部屋へどうぞ」

京太郎「あっ、はい」

春「姫様はこっち」グイグイ

小蒔「春ちゃんそんなに引っ張らなくても」ベッシツヘ

初美「なにかあったんですかー?」

巴「はっちゃんにも後で説明するからね」

初美「?」