神代小蒔が須賀京太郎を見つけたのは全くの偶然だった。

インターハイ会場近くの公園である。たまたま、石戸霞を連れて散策に出ていたのだが、いかんせん都会の猛暑だ。

たまらぬとばかりに自動販売機を探してうろつく羽目になり──そうした矢先の遭遇だった。

衝撃的だった。十数年生きて、初めての感覚だ。逞しい体躯に輝くような金髪、幼げな部分を残した、それでいて大人びた面も覗かせる表情。

全てが小蒔に夏の暑さを忘れさせた。全てが小蒔の情念を燃やさせた。見せることのなかった、自覚すら持たなかった女としての激烈な感情が、今、胸中に吹き荒れていた。

彼はこちらに気付かず何処かへ去ろうとしていた。たくさんの荷物を抱えて辛そうにしている。

行かなくては。彼を支え、手伝い、取り入り、仲良くなるのだ。咄嗟に身が動く。彼が近づく。彼に触れられる。もうすぐ、もうすぐ、もうすぐ。

しかし。

霞「あの、大丈夫ですか? 」

京太郎「えっ? って、永水の!」

霞「ご存知なのですか? 光栄です。私、永水女子3年の石戸霞と申します。……いくら殿方と言えど、あまりに大荷物かと思います。よろしければ、お手伝いさせていただけませんか?」

隣にいたはずの、石戸霞が彼の傍にいた。何故──考えるまでもなく、小蒔は悟った。

あれは自分だ。燃えるような瞳、濡れた微笑み、ほのかに染まる頬、親しい者なら誰でも気づく、いつにない、緊張した動き。

同じなのだ。霞もまた、あの、雷よりも圧倒的な衝撃に撃たれたのだ。
そして動いた。自分より早く、自分より強かに。

彼はあわてて強がり、そして笑っている。その瞳には霞が、霞だけが写っている。自分は写っていない。本当ならそこにいるのは自分なのに。

暗い篝火が灯る。渦を巻く嫉妬が小蒔を焼く。
──渡さない。

一歩踏み出す。そうだ、渡すものか。渡してなるものか。彼は私のものだ。私が愛し、私が愛され、私と共に、彼と共に歩むのだ。これからの全ての時を常に共にするのだ。生きても死んでも共にあるのだ。

小蒔「……私もお手伝いしますよ」

霞「……小蒔ちゃん?」

霞の表情が僅かに変わった。小蒔の宣戦布告である。
彼の方は、新たに現れた小蒔に困惑しつつ、やはり笑顔で受け入れた。

京太郎「じ、神代選手まで……いや、いや、大丈夫です、大丈夫です」

小蒔「遠慮なさらないでください。困った時は助け合うのが人の道です。ねえ、霞ちゃん?」

霞「……そう、ですね。ええ、そうです。だから、私たちに助けさせてくださいませんか? ええと……」

京太郎「あ、俺、長野の清澄高校一年の、須賀京太郎です!」

霞「須賀京太郎さん……素敵なお名前ですね」

小蒔「素敵な貴方にぴったりだと思います!」

京太郎「す、素敵……俺が。え、へへへへ、いやあ、照れちゃうなあははは」

ここからだ。小蒔は思う。ここから、彼を振り向かせるのだ。どんなことをしても。たとえ大切な友人を失おうとも。

小蒔「よろしくお願いしますね、京太郎さん!」

──この恋だけは実らせる。

カン