ちょっと前にやってた魔人ブゥとサタンネタ

都内にある雀荘の麻雀士を皆殺しにし、お菓子店を襲撃し破壊の限りを尽くすという魔人テルテル。

そんな魔人テルテルを退治すべくやってきたのがザ・妖怪ハンターの京太郎。

京太郎「あれが魔人か………」

照「」テルテル モグモグ

京太郎「………なんつーか想像してたのと大分違うな。どうみてもお菓子食ってる普通の女の子にしか見えん」

京太郎「とはいえ、こっちも仕事だ。報酬のおもちの為にもあいつには消えて貰うしかないな。さて…」

ザッ…

照「(ピクッ)……誰?」

京太郎「いやぁどうも照さん!!あ、初めまして。オレ須賀京太郎っていいます!照さんのファンです!」

照「ファン?」

京太郎「そうなんですよ!オレの地元じゃすっごい美人だって有名でしてねぇ~!
   居ても立ってもいられなくてこうして会いに来たんです!」

照「美人…そうなんだ」テルテル

京太郎「(よし、これで油断してるぞ!)それでですね、お近づきの印につまらないものですが…」

照「つまらない物ならいらない。ゴッ殺すよ」ゴゥ

京太郎「い、いやいや!!本当につまらないわけじゃなくて…(やべぇ、こいつひょっとしたらアホかもしれない)
   ほら、これチョコレートの詰め合わせっす!どうか受け取ってください!」

照「……これ、君が作ったの?」

京太郎「そうですよ!照さんの為を思って一個一個丁寧に作りました!」ニヤリ

照「じゃあ、いただきます」モグ…

京太郎(よっしゃ食った!!へへ、まんまと引っかかりやがって!そいつには象もコロリと死んじまう様な猛毒が
   たっぷり入ってんだよ!これで魔人テルテルも…)

照「…おいしい」パァァァ

京太郎「へ」

照「お店で売ってるチョコより美味しい。ありがとう」モグモグモグ

京太郎(き、効いてねぇぇぇ!? …チッ、だがまだ次の手がある!!)

京太郎「そうだ照さん!ゲームやりませんか?」

照「ゲーム?」

京太郎「今巷で流行りの麻雀アプリです!ほら、このスマホでこうやって……」

照「………相手の牌が見えない。鏡が使えない。……難しいッッ!!」ビキビキビキ

京太郎「ひょっ!?え、えっと他にもこのチャレンジモードてのがありまして…」

照「これも難しい…! このっ…このっ……!」ビキビキビキ

京太郎「いいですか照さん。それには攻略法がありましてね。そのスマホを持ったままそこを動かないでくださいね」ソロリソロリ

照「? こう?」

京太郎「そう、そのままです。スマホを持ったままそのまま動かないで……」ソロリソロリ

京太郎「今だ!!」ポチッ

どかああぁぁぁぁん!!!!

京太郎「しゃあっ!イエェェーーイ!!!ジ、エンドだぜひゃっほぉぉーーい!!」

モクモク…

京太郎「へへっ、この爆発の威力ならいくら魔 照「ねぇ」 え…」

照「今のゲームはちょっと面白かったよ」ケロリ

京太郎「 」

京太郎(全然効いてねぇぇ!?や、やべぇどうする?!もうこうなったらオレが直接やるしか……)

「いたぞ!魔人テルテルだ!!

京太郎「!?」

照「?」

誠「やっと見つけたぜ魔人テルテル!お前の首に掛かった賞金は頂くぞ!」

京太郎(チッ、しまった!同業者がもう嗅ぎつけてきやがった!)

誠「へへっ、お前の強さは噂に聞いてるからなぁ。こっちは援軍を連れて来たぜ!

 おい、お前ら出て来い!!」

ザッザッザッザッ

「ぐくへへへへ」「ヒャッハー!女だぁー!!」「ミンチにしてやんよぉ!!」
「その前にひん剥けぇ!」「でもおっぱい小さくね?」「貧乳こそが正義!」
「でも年増やん」「アラフォーか」「アラサーだよ!!」

京太郎(な…!? 数十人、いや数百人はいるぞ!? くそっ数に物を言わせやがって…!)

誠「よっしゃー!!てめぇらかかれぇ!!賞金とついでにそのお尻と太腿もたっぷり味わってy」


照「邪魔」バルバルバルバルギャルギャルギャルルルルルル

『ぎゃーー!!』『ぬわー!』『たわば!』『ひでぶ!!』『あごぱぁっ!?』………

パラ… パラ……

京太郎「 」

照「キミ」

京太郎「うへっ!?」ビクーン

照「キミ、名前なんだっけ?」

京太郎「え、あ、え、っと 須賀京太郎ッス…」

京太郎(あ、やべぇオレ死んだわ)

照「そっか。じゃあ京ちゃんでいいや」

京太郎「へ?」

照「京ちゃんは面白いから今日から私のマネージャーにしてあげる」

京太郎「ま、マネージャー…? え?なんスかそれ?」

照「私のお菓子やご飯を作ったり遊んだり、お世話したり。そういうお仕事」

京太郎「…そ、それってマネージャーっていうかお世話係っていうか子分じゃ…」

照「い や な の ?」ゴッ

京太郎「全身全霊を以てやらせていただきマァス!!!」ビッシィ

こうして、妖怪ハンター京太郎は魔人テルテルのどれ…マネージャーとなった。

だが彼はまだ打倒テルテルを諦めたわけではない。

いつの日か、必ずその内きっと倒してやる… 

照のおやつのプリンを作りながらそう誓う京太郎であった。







※ 魔人の住処、白糸台 ※

照「紹介する。私のマネージャーの京ちゃん」

菫「照…お前なんでよりにもよって人間を奴隷にしたんだ……」

淡「えー!テルーいいなー!私もそれ欲しいー!」

誠子「マネージャーねぇ…じゃあ釣りとかも付き合って貰おうかな?」

尭深「お茶の淹れ方とか、わかる?」

京太郎(うん、いつか…必ず………出来たらいいなぁ)

カンッ