京太郎「ち、ちわーっす…」

咲「あ、京ちゃん。おはよ…」

もこ「…」ギュ…

京太郎「ハ、ハハハハハ…」

咲「京ちゃん」

京太郎「はい」

咲「誰その子」

京太郎「知らない…」

咲「何でひっついてるの」

京太郎「わかんない…」

咲「…いくら面倒見が良いとは言え人を拾ってくるのはどうかと思うよ」

京太郎「拾ったんじゃねーって!勝手についてきたんだって!」

咲「嘘だぁ」

京太郎「そもそも何で俺が拾ってくる前提なんだよ!」

咲「優希ちゃん餌付けしたよね?」

京太郎「あれはアイツが食いたいって騒ぐから」

咲「衣ちゃん懐いてるよね?」

京太郎「あれは麻雀でボコボコにされても挫けなかったらいつの間にか…」

咲「そこの子は?」

京太郎「…お腹空いてたくさいから手持ちのお菓子あげたら……」

咲「ほら」

京太郎「…あれ?いや、あれぇ…?」

咲「それに自分の手、見てみなよ」

京太郎「?」

もこ「…♪」ナデナデ

京太郎「…あれぇっ!?」

咲「無意識で撫でちゃってるし…やっぱり拾ってきたんじゃない」

京太郎「だから違うって!ほら、お前も何か言えって!」

もこ「…」ジィ…

京太郎「え?お前じゃなくてもこだって?…じゃあもこ、お前も咲に言って誤解をだな…いや、撫でる手止めるなって…わかったよもう」ナデナデ

咲(喋って無いのに何で通じてるんだろ)

京太郎「何か食べたいって…もう食ったろ俺のお菓子…ほら、飴やるからこれでも舐めてろ」ナデナデ

もこ「♪」コロコロ

咲「やっぱり拾ったんじゃない」

京太郎「拾ってねーって!」

おちなしカンッ