全国大会優勝後



京太郎「部長。こんなことろにいたんですか」

久「あら須賀君。まだ祝勝会やってるでしょ?和とお近づきになるチャンスなんじゃないの?」

京太郎「冗談を。手短に話をしましょう。あいつらがいつ気づくかもわかりませんからね」

久「つれないわねぇ。……分かってるわよ」

京太郎「貴方の望んだ全国制覇の手助け。きっちり果たしました。ですから約束通り貴方には上埜家に戻ってもらいます」

久「その前に須賀くん、貴方は何者?あれだけ人の集まらなかった清澄麻雀部にあの人のよこした貴方がきた途端和や優希、そして咲が入ってきた。あの子達も回し者かと思ったけど、どうやらそうじゃないみたいだし」

京太郎「和と勇気は偶然です。ただあの2人が清澄に来ていたことは知っていた」

京太郎「そして咲に関してはある程度の事情を把握していた。次いで宮永照の妹であること。なによりあの気力。その面子さえいれば補欠がいなくても全国制覇の可能性がある」

久「無理難題をふっかけたつもりだったんだけど勝算は始めからあったってわけね……。あなたが部員集めに奔走する姿が見てみたかったわ」

京太郎「それは残念でしたね。……まぁ咲に関しては少し利用してしまったってことに罪悪感を感じてはいますが」

久「あら、貴方にも感情はあるのね」

京太郎「これでもムードメーカーを担当していたつもりです!」

久「上辺だけの、ね。皆にこの真顔を見せてあげたいわ」

京太郎「それに貴方にこき使われている時は殺意だって湧きましたよ」ニッコリ

久「じゃあやっててよかったわ。雀卓やデスクトップを運ばれたときは何しても無駄だって思ったけど」

京太郎「これが仕事ですので」

久「……ねぇ。最後に一つだけいい?」

京太郎「なんでしょうか」

久「私はこの大会を楽しんでたからしか」

京太郎「……というと?」

久「勝てばあそこに戻される。でも私は全国制覇を成し遂げたかった。何よりこんな私に付いてきてくれたあの子達のためにも勝ちたかった。そんな中で私はこの大会を楽しんでたと思う?」

京太郎「人の心というのはわかりません。本人ですら分からないのであれば尚のこと。でも、少なくとも俺の目には大会に望んでいる貴方はとても輝いてみえましたよ」

久「そう……だったらいいわ。須賀くんはこの先どうするの?私があそこに帰るなら貴方は清澄にいる必要もないと思うけど」

京太郎「さぁ。今後の動きも、俺の未来も、全部あの人の決めることです」

久「悲しい人間ね。あんな人に左右される人生を送って。あなたも、私も」

京太郎「分かりません。そういうことを考えるのなんて当の昔にやめてしまいまいしたから」


カンッ