京太郎「――怜、聞いてるのか?」

怜「聞いてへん」ムスー

京太郎「ハァ……早めに気づいて良かった」

怜「なんで気づくんや、小さい穴開けただけやん」ムッスー

京太郎「コンドームに穴開けるなよ……なんのための避妊具だ」

怜「ええやん、何のためのセックスや」プイッ

京太郎「じゃあもうやらない」

怜「そ、それはいやや……京ちゃん、ウチのこと嫌いなん?」

京太郎「俺が何で頑なに避妊させるか、知ってるだろ?」

怜「……ウチを妊娠させないため」

京太郎「身体弱いんだからな」

怜「それでも……京ちゃんの赤ちゃんほしいんやもん」

京太郎「……今日はもう寝よう」

怜「きょ、京ちゃんのあほ! 意気地なし!」

京太郎「……おやすみ」

怜「ぅ……うぅ~……」ポカポカ


竜華「で、また喧嘩してしもうたんやなー」アハハ

怜「……悪いのは京ちゃんやもん」

怜「どうせ京ちゃんはウチのこと嫌いなんや……」

竜華「また子供みたいに。ほんま京ちゃんが絡むと幼児退行するなぁ」

竜華「京ちゃんは怜の身体のこと想ってくれとんやで? それは怜が大好きやからや」

竜華「あんま感情的になって京ちゃんのこと困らしたらあかんで?」

怜「……理性論が正しくて、感情論がダメとは限らんやん」

竜華「まあそうやけど、今回は京ちゃんが正しいわ」

怜「むぅ……」

竜華「京ちゃんもガマンしとるんやからな?」

怜「生で中出しを?」

竜華「ちゃ、ちゃうわ! 京ちゃんも子供ほしいってことや!」

怜「うーん……結構子供好きやからなぁ……」

竜華「おうち帰ったらちゃんと謝らんといけんで?」

怜「だが断る」

竜華「とーきぃー……」

怜「わかってるって……」


怜「その節は、申し訳ございませんでした」ドゲザ

京太郎「あ、いや、俺も言い過ぎたというか……ど、土下座はやめてください」

怜「そやろ? まあこんぐらいで許しといてあげようか」ケロリ

京太郎「あれぇ……何か立場が一瞬で逆転したような」

怜「まあまあ、ご飯食べよご飯」




怜「……なー、京ちゃん」

京太郎「んー?」

怜「ウチ、ほしいもんがあるんやけど」

京太郎「子供ならダメだぞ」

怜「ケチ……」


怜「……代理出産は難しいかなぁ」

京太郎「明確にダメってわけじゃないけど、色々難しいかな……」

怜「うーん……」

怜「じゃあウチが元気になったら、ええ?」

京太郎「……いいぞ」

怜「ほながんばらんとな……」

京太郎「がんばれ……俺より早く死ぬとか絶対許さないからな」

京太郎「あと、元気になりたいなら好き嫌いせず食べること」

怜「いやや」

京太郎「……そんな子供みたいに」

怜「ええやん……甘えたいお年頃なんや」