穏乃「玄さん、京太郎って夜強すぎじゃないですか?」

玄「穏乃ちゃんもそう思う? 私も愛では負けてなはずなのにいつも先にギブアップだよ」

穏乃「ですよねー。私も体力には自信があったのに、京太郎はそれ以上だから」

玄「私達だけじゃ人数不足なのかな、やっぱり」

穏乃「うーん、誰か誘います?」

玄「お姉ちゃんは夜だめだから、憧ちゃんとかどうかな?」

穏乃「憧かー。うーん、寝不足は肌に悪いとか言いそう」

玄「むむ、確かに」

憧「あ、あんたら、部室で何話してるのよ!? あと混ぜなさいよ!」

穏乃「あれ、憧いつからいたの?」

玄「おー、憧ちゃんが追加なのです。これで京太郎くんと夜ラインで話す時も困らないね」

憧「へ? ライン?」

穏乃「ん? 京太郎が夜にたくさん話振ってくるって話だけど、聞いてなかったの?」

憧「き、聞いてたわよ? もちろん、うん、最初から知ってたわよ?」

玄「ほほーう、まさか憧ちゃん、勘違いを……」

憧「してない、してないから!」

穏乃「???」

玄「まあ憧ちゃんがその気なら、本当に三人でやっちゃう? 私はいいけど」

憧「し、しないわよ! ていうかなんで玄はその気なのよ!?」

玄「え、私京太郎くん好きだから。でも皆も好きだし、みんなで幸せならいいかなって」

穏乃「おー、玄さん流石いいこと言いますね!」

憧「いやいやいや、シズあんた分かってないで同調するのやめて! 後悔するから、絶対!」

穏乃「???」

玄「穏乃ちゃん、今は分からなくても大丈夫、私にお任せあれ!」

憧「任せらんないわよ! あと抜け駆け禁止だからね!」

穏乃「よく分かんないけど京太郎に今夜空けといてってメールしとこ」

憧「いきなり今夜!? こ、心の準備が」

阿知賀は今日も平和である。


カン