京ちゃんはなんでこんなに私の世話を焼くのか、実は知ってる。
私に初恋の人の影を見てるからだって。

私の頭をくしゃくしゃにする時も、ほっぺたをツンツンする時も、本当に見てるのは私じゃないんだって。

時々遠い目でどこかを見てるとき誰のことを考えてるのか、嫌でも分かる。

私が告白すればきっと京ちゃんは付き合ってくれる。
でも、影を追う彼との仲は遠からず破綻してしまうのだろう。

だから、他人に京ちゃんとの仲をからかわれると嫌でたまらない。

咲「嫁さん違います、ただの中学の頃のクラスメートです」

京太郎「ばっさりですか」

京ちゃんの口から聞きたくないから、先に私が否定するのだ。
私の大好きで大嫌いな二人、その間に割り込めないんだって知っちゃってるから。

期待なんか持ちたくない。代わりで満足なんかできない。

あの人と他人なら、こんなに苦しい思いをしないですんだ。
あの人と他人なら、こんなに京ちゃんは私の傍にいなかった。

ねえお姉ちゃん、どうして私達を置いて東京に行ったの?
京ちゃんが見てたのはあなたなのに、あなたも京ちゃんが好きだったのに。

きっとお姉ちゃんと再会するときまで私は進めないんだろう。
だからせめて、今はただのクラスメートでいさせて、京ちゃん。


カン