【一年生選抜チームの場合】

京太郎「じゃあ、このオーダーでいこう」

淡(先鋒)「はーい!」

優希(次鋒)「わかったじぇ!」

和(副将)「はい」

咲(大将)「あの……京ちゃん、本当にこのオーダーでいくの?」

泉(中堅)「確かに、ちょーっと次鋒が心配ですかね」

泉以外「「「「「…………」」」」」

泉「? どうして私を見るんですか?」

和「点差計算の問題はありますが……まあ次鋒ならゆーきも伸び伸びできると思います」

咲「鶴賀の東横さんじゃダメだったの?」ボソボソ

京太郎「仕方ないだろっ、謎の圧力がかかったんだから」ボソボソ

和「得点力重視なら劔谷の森垣さん、安定感重視なら憧も良いと思うのですが」

淡「なんかたった一人で台無しになりそうだねぇ」

泉「ははっ、さすがにそれは言い過ぎ。片岡さんが可哀想ですよ」


優希「……私も人のことは言えないけど、頑張らないと大変なことになりそうだじぇ」

京太郎「がんばってくれ……」ポムポム


【二年生選抜チームの場合】

京太郎「正直、二年生選抜チームは安定感ないなぁ」

透華(先鋒)「か、監督が選手の士気を下げてきますわっ」

小蒔(中堅)「ご、ごめんなさい……わ、私の所為ですよね?」

玄(副将)「ち、違いますよ、私の所為ですよー……」

京太郎「ああ、いやいや、安定感は無いけど型にハマれば爆発力はすごいと思いますよ」

憩(次鋒)「せやでー? 誰か失点しても他の皆でがんばればええんよぉー」

衣(大将)「二人共安心しろ! 後ろには衣が控えているから好き勝手暴れてこい!」

小蒔「で、でも失点ばかりも申し訳ないので……全身全霊で挑ませていただきますっ」フンス

玄「あ、ありがとう衣ちゃん! なでなでしていいかな?」ナデナデ

衣「撫でながら言うなぁ……」

憩「お尻も撫でてええかな?」ナデナデ

透華「セクハラ! セクハラですのよ!?」

憩「女の子同士ならセクハラにならんよぉー」

透華「そ、そうなんですの? なら問題ないですわね……」

京太郎「……二年生は人間関係に問題無さそうだから、精神的に楽だなぁ」シミジミ


【三年生選抜チームの場合】

照(先鋒)「…………」

美穂子(次鋒)「…………」ニコニコ

洋榎(中堅)「…………」ソワソワ

怜(副将)「…………」フゥ

智葉(大将)「…………」

京太郎(お、重い……空気が重い……特に先鋒と大将!)

京太郎(ガチメンバーにしすぎた……やはり姉帯さんを入れるべきだったかも)ボッチジャナイヨー

智葉「……おい、監督」

京太郎「は、はい!」

智葉「宮永の顔色が悪い」

京太郎「うわっ、ほんとだ。どうかしました?」

照「……し、知らない人ばっかりで怖い……帰りたい」グスッ

美穂子「どうしましょう……とりあえず、飴でも舐めます?」

洋榎「あめちゃんならうちも持っとるで! びびるとかチャンプも人の子やな!」

照「……ありがほぅ」モゴモゴ

怜「チャンピオンのほっぺたがハムスターみたいになっとる……」

京太郎「……なんだかんだで問題なさそうかなぁ。安定感は屈指のものだろうし」

京太郎(……しかし、選抜チームは四チームだったよな)

京太郎(高一、高二、高三で三チームとして、残りはどこだろ?)





【プロ選抜チームの場合】

京太郎「……このチームに監督というものがいるんですかね」

咏(先鋒)「わっかんねー。私の髪撫でてくれてればよくね?」

はやり(中堅)「あ~! 咏ちゃん抜け駆け!」

良子(次鋒)「ちっちゃいと膝上陣取るのが絵になりますねー」

健夜(大将)「あはは……が、がんばってね須賀君」


京太郎「これ、下手したら先鋒で終わらないですか?」

大沼(副将)「……安心しろ。トビ終了無しのルールだ」

京太郎「そうでしたね……って! なんで大沼プロなんですか!?」

良子「そりゃプロ選抜チームだし」

はやり「うんうん。靖子ちゃんは死んじゃったし」

京太郎「死んでねえよ!?」


咏「そんなことよりさー、賭けしない?」

京太郎「え、賭け事なんてしちゃダメですよ」

咏「大丈夫大丈夫、お金じゃないから」

咏「この試合で一番稼いだ人が、一週間京太郎独占ってのはどうよ?」

良子「それは24時間、夜も含みますか?」

はやり「そりゃ当然ですよ! 賛成です☆」

健夜「す、須賀君を守るために私が勝たないといけないね!」

京太郎「俺の人権はどこに……」

大沼(……菊門)ペロリ