シロ「塞はさあ」

塞「うーん?」

シロ「京の事好きだよね」

塞「うぐっ、急に何……」

シロ「いや、確認」

塞「……まあ、そりゃあ……好き、だけど」

シロ「気を使わなくてもいいと思うけどね」

塞「どういうこと?」

シロ「……ダル」

塞「あ、ちょっと、そこで逃げないでよ!」

塞「もー、シロったら」

京太郎「こんにちはー」

塞「あ、ちょうどだね」

京太郎「はい?」

シロ「噂をすれば影ってこと」

京太郎「え、俺ですか?一体何の話を?」

塞「い、いやあ、あのね?」

シロ「皆気付いてるよって」

京太郎「?」

塞「!?」

塞「えっ、待って待って待って、気付いてるって、えっ、皆って誰まで、え、ウソ、嘘っ」

京太郎「どうしたんですか!顔真っ赤ですよ、塞さん!?」

シロ「……ダル」


カンッ