透華「ま、まさか須賀君が私の弟だったなんて……」ワナワナ

純「腹違いの子ねぇ……一応私生児になるのか」

一「純くん、ちょっと不躾だよ?」

智紀「二人に対して失礼……」

京太郎「いえ、まあ、事実っぽいですから……俺も驚きですけど」

透華「お父様がやけに須賀君のことを気にかけるそういう事情だったんですのね」


純「一応、数日後には養子って形で龍門渕京太郎になるんだよな」

一「いいの? お母さんの方の苗字が変わっちゃって」

京太郎「遺言ですから俺は別に……ただ、迷惑じゃないのかと」

透華「迷惑なんてとんでもないですわ!」

透華「というか、お父様もお母様も随分前から知っていた様子ですし……」

一「なんでこうなったのか、二人だけでも詳しい事情は聞いておいた方がいいかも」

智紀「大人の都合があったのかもしれない……」


衣「……姉弟になるのか、二人が」

一「となると、呼び方も変えないといけないね。透華だけ苗字呼びなんだから」

透華「そ、そうですわね……こほん」


透華「きょ……京太郎君」

京太郎「……なんだろ、この微妙な距離感」

純「家族のわりには余所余所しい呼び方だなぁ、おい」

透華「で、でしたら……京太郎ちゃん」

一「うーん……家族っぽくはなったね」

智紀「でも、年の離れた感じがする……」

京太郎「普通に呼び捨てでいいですよ」

透華「そんなっ! いきなり須賀君から呼び捨てに変化するんですのよ!?」

透華「高すぎっ、ハードル高すぎですわっ」

一「徐々に慣らしていくしかないかなー……」


純「あ、京太郎も透華のこと龍門渕先輩って呼んでるよな」

一「そうだね。須賀君も呼び方変えなきゃ」

京太郎「お、俺もですか……」


透華「お……お姉様と、呼んでもいいんですのよ?」ワクワク

京太郎「様付けですか、ドン引きですよ……」

透華「ええっ!? ふ、普通じゃないんですの?」

一「いまどき、あまり聞かないねぇ……」

京太郎「俺も急に呼び方変えるのは抵抗ありますけど……」

京太郎「姉さん……透華姉さんあたりで、どうでしょう?」

透華「…………」ボタボタ

衣「と、とーか!? 鼻血がぁ!」

京太郎「きゅ、救急車ぁー!」

一「ハギヨシさーん!」

純「大丈夫かこいつ……」

智紀「前途多難……」






トントン

透華「はーい、開いてますのよ」

衣「……とーか」

透華「あら、衣? 眠れないんですの?」

透華「絵本? 絵本の読み聞かせならお任せですわっ」

衣「こ、衣はもう一人で寝れるぞっ」

衣「……体調はもういいのかと思って。昼間は出血多量だったからな」

透華「あ、あの事はもう忘れてくださいましっ」アタフタ

衣「うん……」


透華「……? どうしたんですの、衣?」

透華「怖い夢を見た、というわけではないようですが……」

衣「京太郎と姉弟になる件……本当に良かったのか?」

衣「とーかは、京太郎のこと……」

透華「……事実はどうあれ、せめて誰も知らないままであってくれれば良かったのに」

透華「と、思うことはありましたわ」

透華「でも、もうどうしようも無いことですから……家族になってしまった以上」

衣「とーか……」


透華「これからは衣の応援一択ですわ! わたくしも衣の恋路をお手伝い致しますわっ」

透華「……だから、今日だけは衣に甘えさせてほしいですわ……」ギュッ

衣「うん……衣はおねえさんだからな……任せておけ」ナデナデ