京太郎「あーわーいー」

淡「なーに?」

京太郎「ほいっ」ポイッ

淡「はぐっ…んむ?こえなに?」モゴモゴ

京太郎「投げといてなんだけど躊躇なく食ったな…」

淡「ねー、だからこれなにー?」

京太郎「飴だよ飴。つか舐めてりゃわかるだろ」

淡「へー」ガリゴリ

京太郎「飴って知った瞬間噛み砕くなよ…」

淡「だってこうすると時間は短くなっちゃうけど口一杯に甘さが広がるし…とりあえずごちそーさまでした」ペコリ

京太郎「え?あー、お粗末さまでした?」

淡「ねね、もひとつないの?あれ結構好きな味だったんだけど」

京太郎「あー、すまん。あれは最後の一個だ」

淡「えー…」ショボン

京太郎「落ち込むなって、他の味ならある
からさ」

淡「むー、どんなのー?」

京太郎「えーっと…パインにイチゴとか基本的なのかな。あとハッカ」

淡「ハッカ?」

京太郎「ハッカ」

淡「…美味しいの?」

京太郎「俺は割と好きだな」

淡「…あーん」

京太郎「ん?ほいっ」ポイッ

淡「あむっ…ん、んー?」コロコロ

京太郎「やっといて何だが犬かお前は…せめてもう少し近くで口開けろよ…」

淡「んー…ん!これ意外と美味しいかも!」

京太郎「そーかそーか。まだまだあるぞー」

淡「やった!」

京太郎「あ、早く食いたいからって噛むなよ?」

淡「え?」ガリゴリ

京太郎「遅かったかー…」

おちなしカンッ