美穂子「んっ もう……全然飽きないわね」

京太郎「好きなモノに一途ってことで許してよみー姉」

美穂子「きょうちゃんのせいでこんなに大きくなったのよ? 肩も凝って……」

京太郎「だからマッサージしてるだろ?」

美穂子「それは助かってるけど、それだけで済まないじゃない」

京太郎「そこはほら、みー姉が可愛いのが悪いんだ」

美穂子「他の子にも言ってるの、知ってるんだから」プイッ

京太郎「今はみー姉だけだよ」チュッ

美穂子「んっ……これで騙されるんだもの、私も悪いわよね。とんでもない人に引っかかっちゃった」

京太郎「腐れ縁だって諦めてくれよ。18になったらすぐ籍入れるって前から言ってるだろ?」

美穂子「はぁ。ほんと、馬鹿よね」


カンッ