京太郎「はあ……」

誠「おうおう、ため息なんて吐いてどうしたんだ? 日に日に窶れていっているように見えるが大丈夫か?」

京太郎「あ、ああ、大丈夫さ。ちょっと疲れているだけだからな」

誠「そうか……俺に出来ることがあったら言ってくれよ」

京太郎「ありがとな、腹も減ってるし飯食おうぜ!」

誠「京太郎は今日も弁当なんだな、彼女からのお手製とか本当に羨ましいわ」

京太郎「ハッハハハ(レバー、ニラ、山芋、ニンニク……精のつくものばかりだな……)」

誠「はあ、俺も美少女で家庭的な彼女が欲しい……誰か紹介してくれよ!」

京太郎「そのうち良い子が見つかるんじゃね?」

誠「くっ、前までは彼女が欲しいって愚痴ってた癖に、これが持つものの余裕か? ……なあ、京太郎、一つ教えてくれ」キリッ

京太郎「何だよ?」

誠「もうチェリーボーイは卒業したのか? ヤったのか? 気持ち良かったのか? あの胸を自由にしたんだな?」

京太郎「ノーコメントで……」

誠「畜生ッ!!」

京太郎(毎日盛ってるとか言えねえよ。朝に一回、部活後一回、帰ってからも……和があんなに嵌まるなんてな……)

和「あっ、京太郎くん!」

誠「おい、嫁さんが呼んでるぞ」

和「高久田くん、ちょっと彼を連れて行っても良いですか?」

誠「飯も食ったし構わないぜ、原村さん」

和「すみません、それじゃあイきましょうか京太郎くん」

京太郎「ああ、悪いな誠」

和「♪」

京太郎「(気持ち良いし、楽しい、けど……体力と腰が……ゴムの消費でお金も……ああ、和を好きにできるから最高だけど……)」


カンッ!