咲「胸元に薄紅の……」

京太郎「気のせいだって」

咲「気のせいじゃないよ、和ちゃんの貌が残ってる」

京太郎「そうか?」

咲「赦したくないなぁ……」

京太郎「お、おい……」

咲「どうしようか……ね、京ちゃん」

京太郎「う……うう……」

カン